演題

OP-276-6

腹腔鏡下肝切除術における術中出血に対する予測因子の検討

[演者] 高木 知聡:1
[著者] 板野 理:1, 篠田 昌宏:1, 北郷 実:1, 阿部 雄太:1, 八木 洋:1, 日比 泰造:1, 永 滋教:1, 筒井 りな:1, 岸田 憲弘:1, 石井 政嗣:1, 猪股 研太:1, 雨宮 隆介:1, 藤田 優裕:1, 皆川 卓也:1, 今井 俊一:1, 下田 啓文:1, 溝田 高聖:1, 三島 江平:1, 北川 雄光:1
1:慶應義塾大学外科

【目的】腹腔鏡下肝切除における術中出血量の予測因子について検討した。【対象・方法】2010年6月から2014年7月まで当科で施行した腹腔鏡下肝切除の113件のうち、他に同時に行われた術式がない89例をに対し、術中出血量の予測因子について検討した。【結果】平均年齢66歳、男性67例、女性22例であった。術中出血量が400gを超える因子を抽出するためロジスティック回帰分析を行うと、単変量解析において、ALT、最大腫瘍径、肝臓切除範囲、予測肝離断面積が抽出され,多変量解析では、予測肝離断面積のみが独立因子に抽出された。切除範囲が広い症例を検討すると,断面積当たりの出血量と4型コラーゲン7Sの値に相関を認め,400g以上の出血症例は有意に4型コラーゲン7Sの値が高かった。【考察・結語】腹腔鏡下肝切除の予測出血因子に肝離断面積が抽出された。また、切離断面積の広い症例に対しては、4型コラーゲン7Sの高い症例に出血リスクが高い可能性がある。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版