演題

OP-276-2

難治性肝嚢胞性疾患に対する腹腔鏡下手術:ICG蛍光法の有用性

[演者] 森川 孝則:1
[著者] 岡田 良:1, 川口 桂:1, 青木 豪:1, 益田 邦洋:1, 石田 昌玄:1, 大沼 忍:1, 薮内 伸一:1, 深瀬 耕二:1, 大塚 英郎:1, 水間 正道:1, 坂田 直昭:1, 武者 宏昭:1, 岡田 恭穂:1, 中川 圭:1, 林 洋毅:1, 吉田 寛:1, 元井 冬彦:1, 片寄 友:2, 江川 新一:1, 海野 倫明:1
1:東北大学消化器外科, 2:東北大学統合がん治療外科

背景:ICG蛍光法は腹腔鏡下肝嚢胞開窓術での報告も散見されるが,治療法選択に難渋する難治性肝嚢胞性疾患の診断・治療における報告例は少ない.難治性肝嚢胞に対するICG蛍光法の有用性を供覧する.症例1:胆道系との交通が強く疑われる巨大肝嚢胞にて当科紹介,腹腔鏡下肝嚢胞開窓術もしくは嚢胞空腸吻合術を行うこととして手術を開始する.胆道造影にて嚢胞内へのICG漏出が無く,微小胆管の損傷を胆道造影にて避けながら開窓し手術を終了した.症例2:肝門部から膵頭部へ連続する嚢胞性病変を認め,多発肝膿瘍,胆管炎を来したため入院,胆管炎の原因は嚢胞性病変による肝門部胆管の圧排と判断し腹腔鏡手術を行う.ICG蛍光法にて肝門部から膵頭部に連続する嚢胞は膵SCNと多発性肝嚢胞と診断,肝実質を確認しつつ肝門部周囲の肝嚢胞を開窓し手術終了とした.結語:ICG蛍光法は肝切除術のみならず,治療方針決定に難渋する肝嚢胞症例に対しても有用である.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版