演題

OP-275-2

当科における腹腔鏡(補助)下肝切除の経験と開腹肝切除術との検討

[演者] 加藤 正人:1
[著者] 櫻岡 佑樹:1, 小菅 崇之:1, 森 昭三:1, 礒 幸博:1, 下田 貢:1, 窪田 敬一:1
1:獨協医科大学第二外科

【目的】腹腔鏡(補助)下肝切除術は、低浸襲で、患者に対する利益は大きい。 【方法】当科での腹腔鏡(補助)下肝切除術29例(LH群)と腹腔鏡導入1年前の開腹肝切除術(OH群)30例について比較検討。【患者背景】LH群:(HCC : 11, 肝meta : 14, 肝血管腫 : 3, 血管筋脂肪腫:1 )、OH群:(HCC : 13, 肝meta : 15, 肝血管腫 : 1, CCC : 1)【結果】[LH群 : OP群]手術時間(分)[ 166.0 : 217.0 ( p = 0.17 ) ]、術中出血量(ml)[ 50.0 : 327.5 ( p = 0.005 ) ]、術後在院日数(日)[ 8.0 : 13.5 ( p = 0.001 ) ]、AST[ 185.0 : 129.0 ( p = 0.27 ) ]、ALT[ 182.0 : 111.0 ( p = 0.25 ) ]、LDH[ 342.0 : 321.5 ( p = 0.70 ) ]、乳酸[ 16.8 : 22.5 ( p = 0.14 ) ]、CRP[ 4.3 : 6.6 ( p = 0.2 ) ]、WBC[ 8867 : 11700 ( p = 0.003 ) ] 【考察】LH群は有意に術中出血量、術後在院日数が少なく、炎症反応が低い傾向。【結語】今後も症例を増やしてゆく予定である
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版