演題

OP-274-5

腹腔鏡によりもたらされる拡大視効果を利用した安全・確実な肝外グリソン鞘一括先行処理による系統的肝切除の定型化

[演者] 山下 洋市:1
[著者] 池田 哲夫:1, 調 憲:1, 栗原 健:1, 吉田 佳弘:1, 今井 大祐:1, 別城 悠樹:1, 松本 佳大:1, 木村 光一:1, 武石 一樹:1, 伊藤 心二:1, 播本 憲史:1, 池上 徹:1, 吉住 朋晴:1, 川中 博文:1, 前原 喜彦:1
1:九州大学消化器・総合外科

【はじめに】我々は、腹腔鏡下における肝外グリソン鞘を先行処理した系統的肝切除を定型化している。【対象・方法】完全腹腔鏡下に肝外グリソン鞘一括先行処理により肝切除を施行した症例は31例。全例合併症なく完遂。【肝外グリソン鞘処理の実際】I. S2・S3グリソン鞘:開脚位。グリソン鞘を左手の鉗子で把持し肝実質との間をIrrigation付きRadio Frequency bipolarで剥離する。剥離部を腹腔鏡で覗きこみ直視下とする事が重要。グリソン鞘の結紮にはEndo I&C knotを用いる。II. 後区域グリソン鞘:左半腹臥位。胆嚢板と肝門板を意識して肝外グリソン周囲を剥離。肝実質とグリソン鞘との剥離のコツは上記と同様。尾状葉グリソンも全例で直視下に同定できる。【まとめ】系統的肝切除における肝外グリソン鞘先行処理は、むしろ腹腔鏡下の方が拡大視効果によりブラインドの操作なく容易で安全に行い得るため、開腹手術より定型化しやすいと考える。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版