演題

OP-273-1

腹腔鏡下肝切除のデバイスとテクニックの進歩:開腹手術へのフィードバック

[演者] 大庭 篤志:1
[著者] 伴 大輔:1, 松村 聡:1, 藍原 有弘:1, 落合 高徳:1, 入江 工:1, 工藤 篤:1, 田中 真二:1, 田邉 稔:1
1:東京医科歯科大学肝胆膵外科

[背景・目的]教室では過去110例の腹腔鏡下肝切除を通し、器具の開発や手術手技の改良を行ってきた。開腹下の肝切除困難症例においても適応でき、手術ビデオで供覧する。 [方法]①Partial vascular exclusion個別肝静脈血流遮断を行えば、理想的な無血肝離断が可能となる。血行動態を変えないため、高度肝硬変症例でも有効である。②エナジーデバイスCUSA®と多機能電気メスとのフュージョン、バイポーラソフト凝固と生食滴下の併用で肝離断を行う。独自に開発したドベーキー型MT攝子(アムコ社製)で肝門処理を行う。③ダブルトラクト肝離断腹腔鏡下肝離断の展開制限を克服するため、離断ラインを1cm離して二重線の平行ラインを引き、その間の肝実質をCUSA®で削り取る。開腹の前方アプローチや小開腹肝切除にも行う。 [結語]Partial vascular exclusion、エナジーデバイス、ダブルトラクト肝離断は、開腹下肝切除困難症例にも応用された。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版