演題

OP-261-6

尾側膵切除術後膵瘻予防におけるポリグリコール酸フェルト・フィブリン糊の有用性に関する検討

[演者] 畑 知樹:1
[著者] 富丸 慶人:1, 江口 英利:1, 友國 晃:1, 浅岡 忠史:1, 和田 浩志:1, 川本 弘一:1, 丸橋 繁:1, 永野 浩昭:1, 森 正樹:1, 土岐 祐一郎:1
1:大阪大学消化器外科

【背景】尾側膵切除術(DP)後の膵瘻(POPF)発生予防におけるポリグリコール酸(PGA)フェルト・フィブリン糊の意義について検討した.【対象・方法】当院にてDPを施行した91例をPGAフェルト・フィブリン糊使用群41例(A群),非使用群50例(B群)に分類し,POPFの発生率を比較検討した.【結果】両群間で背景因子に有意差を認めなかった.術後1日目,3日目のドレーン排液中アミラーゼ値はそれぞれA群5008±8795 IU/L,2250±3327 IU/L ,B群5371±6329 IU/L,2935±6455 IU/Lであり,有意差は認められなかった.POPF(ISGPF:Grade B/C)の発生率はA群26.8%(11例/41例),B群22.0%(11例/50例)であり,有意差を認めなかった.【結語】DP後のPOPF予防におけるPGAフェルト・フィブリン糊の意義は明らかでなかった.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版