演題

OP-259-6

膵頭十二指腸切除後遅発性出血に対する危険因子の検討

[演者] 飯田 通久:1
[著者] 上野 富雄:1, 松隈 聡:1, 徳光 幸生:1, 松井 洋人:1, 新藤 芳太郎:1, 徳久 善弘:1, 坂本 和彦:1, 鈴木 伸明:1, 為佐 卓夫:1, 硲 彰一:1, 岡 正朗:2
1:山口大学消化器・腫瘍外科, 2:山口大学

【目的】膵頭十二指腸切除(PD)術後腹腔内出血の危険因子を同定する。【対象・方法】対象は当科でPD、PPPDを施行した118例。PD後遅発性出血のリスク因子および予測因子について検討した。【結果】118例中10例(8.5%)に遅発性出血の出血を認めた。出血症例の割合は非膵癌症例で多く(P=0.03)、soft pancreas症例で多かった(P=0.03)。再建法ではⅡ再建に比べⅢa再建で多かった(P=0.02)。肥満、拡大郭清、大網充填の有無では差を認めなかった。多変量解析では膵硬度と再建法が独立した危険因子であった。また検査データでは術後3日目ドレーンアミラーゼ値が最も腹腔内出血の予測因子として優れており、5378をcut off値としたときの感度は0.6、特異度は0.848であった。【まとめ】PD後遅発性出血はsoft pancreas症例、Ⅲa再建症例で頻度が高く、術後検査データでは術後3日目ドレーンアミラーゼ値が出血リスクの予測に有用であると考えられた。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版