演題

OP-244-3

噴門側胃切除術後の大腰筋量とGPSの経時的変化

[演者] 三浦 康之:1
[著者] 鷲澤 尚宏:2, 澤口 悠子:1, 今村 茂樹:1, 鈴木 孝之:1, 名波 竜規:1, 鈴木 隆:1, 大嶋 陽幸:1, 谷島 聡:1, 島田 英昭:1, 金子 弘真:1
1:東邦大学医療センター大森病院一般・消化器外科, 2:東邦大学医療センター大森病院栄養治療センター

【背景と目的】噴門側胃切除後のサルコペニアに関する報告は少ない.今回,噴門側胃切除後の大腰筋量とGPSの経時的変化について解析した.【対象と方法】2004~2012年に当科で経験した胃噴門部癌7例(噴門側胃切除術ダブルトラクト5例,食道胃吻合2例)を対象とし,CTから3次元画像解析システムを用いて,術前後の両側大腰筋面積(L4)と両側大腰筋体積を計測した.また栄養障害評価として用いているGPSと比較した.【結果】術前,術後半年,1年の体重・大腰筋面積値・体積値変化率は,噴門部胃切除術ダブルトラクトは術後半年:18.7%・8.9%・25.7%(中央値)減少,術後1年:23.6%・15.8%・21%減少を認めた.食道胃吻合は術後半年:21.9%・11.4%・24%減少,術後1年:27.9%・20.9%・30%減少を認めた. GPSと比較すると1例のみ,術前は正常群,術後半年,1年では癌悪液質群を示し,予後不良であった.【考察】術前後の大腰筋量変化は栄養評価や予後指標となる可能性がある.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版