演題

SY-17-1

複雑冠動脈病変 (左冠動脈主幹部, 3枝病変)へのroutine CABGの長期遠隔成績 -ガイドライン準拠に向けたPCI推奨class II, class III群の比較検討-

[演者] 長 泰則:1
[著者] 志村 信一郎:1, 秋 顕:1, 古屋 秀和:1, 岡田 公章:1, 尾澤 慶輔:1, 永瀬 晴啓:1, 上田 敏彦:1
1:東海大学医学部外科学系心臓血管外科学

【背景】SYNTAX trial以降,欧米guideline はCABG推奨class Iの一方でPCIの適応が拡大.当科は50%≦LM, 3VDの安定狭心症に一貫しCABGを選択.【対象・方法】2000-09年のLM, 3VDの連続396例を検討,SYNTAX scoreで3群(low(161),intermediate(149), high(86))とし長期遠隔成績(複合event (death/CVA/MI),MACCE,再血行再建)を比較.GuidelineでPCI推奨class II群(195),III群(201)とし,2群の長期遠隔を比較,危険予測因子を検討.【結果】10年MACCE: low score 24.3%,intermediate 33.2%,high 48.0%(P=.004). PCI推奨class II,III群の比較は10年MACCE: II群11.8%,III群45.2%(P<.0001).SYNTAX scoreがMACCE(HR 1.06,P<.0001),再血行再建(HR 1.07,P<.0001)の危険予測因子.【結語】SYNTAX scoreはLM,3VD症例のCABG長期遠隔成績の危険予測因子.PCI推奨class II 群へのCABGはIII群と比し良好な長期遠隔成績で, PCI推奨class II でも長期遠隔を鑑みるとCABGが準拠されるべき.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版