演題

OP-223-4

残胃癌発生にHelicobacter pyloriは本当に関与しているのか

[演者] 柴田 佳久:1
[著者] 加藤 岳人:1, 平松 和洋:1, 吉原 基:1, 青葉 太郎:1, 相場 利貞:1, 山口 直哉:1, 篠原 健太郎:1, 林 大介:1, 三竹 泰弘:1, 南 貴之:1, 和田 幸也:1, 三品 拓也:1, 伊藤 喜介:1, 神原 祐一:1, 西村 元伸:1
1:豊橋市民病院外科こう門科

【はじめに】残胃癌においてもHPが関係しているとしてHP除菌が勧められている.しかし胃内環境に変化が生じる幽門側胃切除後の残胃癌にHPが大きく関与しているかを検討した.【対象と方法】1986年より2010年に当院にて手術を施行した残胃癌52症例が対象.初回手術時の良悪性,再建法,残胃癌手術までの期間,残胃癌手術標本のHPの有無など臨床病理学的項目を検討.【結果】男40例女12例.平均年齢は69.4才.初回手術良性16例悪性24例不明19例.初回胃切除後からは平均16.7年.初回手術時再建法はBillroth-Ⅰが20例それ以外は32例.残胃癌組織型は分化型腺癌31例,低分化腺癌21例.外科的残胃切除35例,内視鏡的粘膜下層剥離術17例.HP陽性は6例(11%).中等度以上の萎縮性胃炎42例(80%),腸上皮化成30例(58%)過形成40例(77%).【結論】残胃癌におけるHelicobacter pylori感染率は低く,残胃癌発生には十二指腸液逆流,慢性胃炎変化が関与している.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版