演題

OP-211-2

完全直腸脱に対する腹腔鏡下直腸後方固定術 −術式と骨盤臓器機能からみた検討−

[演者] 橋田 裕毅:1
[著者] 喜多 亮介:1, 増井 秀行:1, 阪本 裕亮:1, 木下 裕光:1, 岡田 和幸:1, 山本 健人:1, 三木 明:1, 近藤 正人:1, 瓜生原 健嗣:1, 小林 裕之:1, 貝原 聡:1, 細谷 亮:1
1:神戸市立医療センター中央市民病院外科

【目的】我々は完全直腸脱において骨盤機能障害を考慮し、腹腔鏡下直腸後方固定術を行っている。術式と成績について報告する。【方法】直腸後方固定術を30例(開腹4例、腹腔鏡26例)施行した。女25例/男5例、平均77歳、全例Tuttle分類II度で、QOLの低下、排尿異常あり。手術は、直腸後壁は肛門挙筋直上まで剥離、側方靭帯は切離し、前方の剥離は最小限に行う。メッシュを仙骨前面に固定し、直腸を挙上しメッシュで被覆し直腸壁に固定する。(ビデオ供覧)【成績】開腹と腹腔鏡の比較では、手術時間:開腹84分、腹腔鏡127分、出血量:開腹77g、腹腔鏡少量、術後在院日数:開腹11日、腹腔鏡4.7日であった。便失禁、直腸脱出は全例で改善を認め、排尿異常も改善した。再発症例は認めていない。【結論】腹腔鏡下直腸後方固定術は、術後の早期離床が可能となり、入院期間が有意に短縮出来た。本術式は直腸脱のみならず、並存するPOPに対しても有用な治療と考えられる。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版