演題

OP-204-5

cN2IIIA非小細胞肺癌に対するCBDCA/DOCを用いた術前導入化学放射線療法

[演者] 秦 美暢:1
[著者] 大塚 創:1, 牧野 崇:1, 肥塚 智:1, 磯部 和順:2, 本間 栄:2, 栃木 直文:3, 渋谷 和俊:3, 伊豫田 明:1
1:東邦大学呼吸器外科, 2:東邦大学呼吸器内科, 3:東邦大学病院病理

【目的】当科ではCBDCA/DOCを用いた術前導入療法を施行しており,今回,cN2IIIA期の治療成績について検討した.【対象】2001年~2012年,cN2IIIA期で術前導入療法を開始した25例.腺癌15例,扁平上皮癌10例.N2診断は組織診10例,画像15例.【方法】CBDCA (AUC 6) + DOC (60 mg/㎡) 2コース+40 Gy/20 fr.,またはbiweeklyで施行し,CR・PR・SDで手術を追加した.【結果】CR/PR/SD/PD = 2/14/7/2,完遂率100%,放射線肺臓炎で術後に1例死亡(4%).21例(84%)に手術を施行し(全摘2例),術死はなく,Ef-3/Ef-2/Ef-1 = 6/6/9.化療開始後5年生存率は全症例で64%,切除例で71%であり,Ef-3/2症例は92%でEf-1症例の22%より予後良好であった(p < 0.01).扁平上皮癌,非bulky N2,single station N2で予後良好な傾向がみられたが有意差はなかった. 【結語】CBDCA/DOC+40 Gyの術前導入療法は認容性が高く,5年生存率59%(切除例66%)と良好な成績であった.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版