演題

SY-13-3

食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡を用いた手術手技

[演者] 海老原 裕磨:1
[著者] 倉島 庸:1, 野路 武寛:1, 村上 壮一:1, 田本 英司:1, 中村 透:1, 土川 貴裕:1, 岡村 圭祐:1, 七戸 俊明:1, 平野 聡:1
1:北海道大学消化器外科Ⅱ

【はじめに】当教室では、食道胃接合部癌に対し十分な口側断端を確保した食道切離ならびに確実な縦隔郭清、良視野のもと確実な胸腔内吻合を行うことを目的に胸腔鏡・腹腔鏡を用いた術式を導入している。【手術手技】 Siewert type I(右胸腔アプローチ):開脚仰臥位にて腹部操作から開始し、腹腔鏡下に胃切除を施行。拳上空腸とY脚を作成後に腹臥位とし胸腔操作を行う。気胸下に食道切除と中下縦隔郭清、再建(胸腔内吻合)を行う。 type II(左胸腔アプローチ):体位を上体右半側臥位とし、腹部操作から開始。腹腔鏡下に胃切除後、体位変更は行わずに気胸下に胸腔鏡下食道切除+下縦隔郭清、再建(胸腔内吻合)を行う。type III(腹腔アプローチ):開脚仰臥位にて腹腔鏡下食道切除+下縦隔郭清、再建を行う。【結語】Siewert typeに応じたアプローチを選択することにより、口側断端の確保ならびに良視野での確実な縦隔郭清、吻合が可能になると考えられた。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版