演題

OP-200-2

Stage III大腸癌症例における癌間質の形態学的特徴の臨床的意義

[演者] 末山 貴浩:1
[著者] 上野 秀樹:1, 神藤 英二:1, 梶原 由規:1, 識名 敦:1, 久保 徹:1, 深澤 智美:1, 島崎 英幸:2, 山本 順司:1, 長谷 和生:1
1:防衛医科大学校外科, 2:防衛医科大学校検査部病理

[対象/方法]2001~2006年,Stage III大腸癌根治切除症例247例を対象.癌間質をmature,intermediate,immatureに3分類し,臨床病理学的因子との関連・予後を比較検討.[結果]1) mature130例(52.6%),intermediate73例(29.6%),immature44例(17.8%).2)Stage III全体の5yr-DFSはmature78.5%,intermediate61.0%,immature29.9%(P<0.0001)で,成熟度低下とともに生存率不良.3)同様にStage IIIa/ IIIbはmature83.4%/58.7%,intermediate65.6%/50.0%,immature42.3%/6.7%(IIIa:P<0.0001,IIIb:P=0.0012).4)癌間質,臨床病理学的因子と再発との相関は,癌間質(OR3.7,P<0.0001),リンパ節転移個数(N2)(OR1.8,P=0.0193),高度リンパ管侵襲(OR1.9,P=0.0117)が独立した再発予測因子.[結語]Stage III症例の癌間質分類は術後予後に関して独立した意義を有し,Stage IIIaのimmature症例は,IIIb症例相当の予後で,癌間質分類は術後Adjuvantのレジメン選択に有用な指標と考えられた.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版