演題

OP-195-3

腹腔鏡下経裂孔的、食道切離先行 頭側アプローチによる下縦隔、膵上縁郭清

[演者] 大森 健:1
[著者] 藤原 義之:1, 杉村 啓二郎:1, 本告 正明:1, 三吉 範克:1, 能浦 真吾:1, 大植 雅之:1, 秋田 裕史:1, 後藤 邦仁:1, 小林 省吾:1, 高橋 秀典:1, 矢野 雅彦:1, 左近 賢人:1
1:大阪府立成人病センター消化器外科

腹腔鏡下経裂孔的下縦隔郭清、食道切離先行 頭側アプローチによる膵上縁郭清手技をビデオにて供覧する。右横隔膜脚に沿い腹膜切開、Gerota筋膜の背面、左下横隔動脈を浮かす層で剥離。経裂孔的下縦隔操作:横隔膜を縦に、左右横隔膜を切開し視野確保。裂孔周囲リンパ節郭清後、心嚢後面に沿い肺静脈まで剥離。食道背側は、腹腔鏡下の良好な視野のもと、大動脈前面の疎な層をトンネル状に剥離、左右胸膜を温存しつつ脂肪組織を可及的腹側にかきあげる。縫合器で食道切離。頭側アプローチ:断端を尾側に牽引、食道噴門枝により左下横隔動脈がテント上に吊りあがり、N0.2、19リンパ節郭清が容易。頭側から膵を脱転、11d郭清を行い、脾上極から下極へ胃脾間膜を切離。腹腔神経外層で頭側、左右N0.9郭清、頭側アプローチ終了。その後、尾側から可動性の良くなったNo.8a, 9, 11pを確実に郭清。上記手技は、食道胃接合部癌の手術における術式の一つとなりうる。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版