演題

OP-169-1

肝細胞癌における腫瘍マーカー発現は無再発予後因子となる

[演者] 吉川 雅登:1
[著者] 寺奥 大貴:1, 石川 大地:1, 山田 眞一郎:1, 齋藤 裕:1, 高須 千絵:1, 岩橋 衆一:1, 荒川 悠佑:1, 東島 潤:1, 池本 哲也:1, 居村 暁:1, 森根 裕二:1, 島田 光生:1
1:徳島大学外科

【背景】肝細胞癌術後においてCEA高値(5.0ng/ml≤)が無再発予後因子となり、EMTに関係するという知見を得たので報告する。【対象・方法】肝細胞癌初回根治切除症例(n=204、2005~2012年)を対象とし、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9:cut lineは基準値)発現の意義を検討した。臨床病理学因子とともに免疫組織染色によりEMT関連因子(E-cadherin、Vimentin)との相関を解析した。【結果】単変量解析で無再発生存因子として脈管侵襲、腫瘍個数、分化度、Stage、AFP、PIVKA-Ⅱ、CA19-9、CEA(5無生率: <5 46.3% vs ≥5 6.1% p=0.0001)が、多変量解析ではCEA(HR2.56, 95%CI1.50-11.0, p=0.0117)、腫瘍個数(p=0.0026)が独立無再発予後規定因子として同定された。更に免疫染色にてVimentin高発現群で有意にCEAが高値(p≺0.05)であり、E-cadherin高発現群で低値(p≺0.01) であった。【結論】肝細胞癌症例において、腫瘍マーカー発現は肝切除後の再発予後予測因子となり得る。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版