演題

OP-158-7

膵切除後出血に対する治療戦略

[演者] 中川 直哉:1
[著者] 村上 義昭:1, 上村 健一郎:1, 橋本 泰司:1, 近藤 成:1, 佐々木 勇人:1, 迫田 拓弥:1, 大毛 宏喜:2, 末田 泰二郎:1
1:広島大学応用生命科学部門外科, 2:広島大学感染症科

【目的】膵切除後出血後の治療戦略について検討。【対象】膵切除術623例: PD374例・DP156例・MP24例・Partington/Frey手術(LPJ)69例を対象。【結果】膵切除術後動脈出血は全体で5%(28/623例)、Pancreatectomy(PD/DP/MP) 3%(19/555例)、LPJ 13%(9/69例)。<Pancreatectomy>ISGPS PPHでLate 89%(17/19例)、Extraluminal 53%(10/19例)。出血部位はCHA32%(6/19例)が最多。84%(16/19例)でIVRによるembolization。膵液瘻(ISGPF gradeB/C)合併74%(14/19例)。PPH gradeB 0.4%(2/555例)・grade C 3.1%(17/555例)、mortality 0.2%(1/555例)。<LPJ>ISGPS(PPH)基準に当てはめた場合、89%(8/9例)が食事開始後のLateで膵液瘻(ISGPF gradeB/C)合併11%(1/9例)。89%(8/9例)がIntraluminal(挙上空腸内)。PPH gradeB 7%(5/69例)・gradeC 6%(4/69例)、mortality 0%(0/69例)。【結論】PPHに対する治療戦略はIVRが第一選択。膵Drainage術後出血はPPHと異なる性質を持つことが示唆。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版