演題

OP-156-1

膵癌PDにおける第一空腸動脈根部切除有無の局所再発に与える影響

[演者] 野家 環:1
[著者] 長尾 厚樹:1, 渡邉 一輝:1, 奈良 智之:1, 古嶋 薫:1, 針原 康:1
1:NTT東日本関東病院外科

【目的】当科では通常型膵癌PDで、第1空腸動脈(J1)根部切除と、J1温存の二つの方法を採用。この二法による局所再発率/DFS/OSへの影響を検討。【対象】13年間通常型膵癌PD63例。【方法】再発を、局所/リンパ節/肝/腹膜/その他に分けて検討。臨床病理学的各因子(年齢/性別/CEA値/CA19-9値/組織型/ly/v/mpd/TS/CH/DU/S/RP/PV/A/PL/OO/T/LN転移/CY/R/膵液瘻有無/術後補助化学療法有無)および手術因子(J1根部切除/SMA神経叢郭清/PV切)による局所再発DFS/DFS/OSでの単変量/多変量解析。【結果】MST24.0m、5生率20%、DFS中央値10.0m。再発は、局所24例/リンパ節15例/肝23例/腹膜15例/その他18例。局所再発DFSでの単変量有意は、R01 vs R2/T3以下/A/TS2以下/PV/J1根部切除、多変量で有意はJ1根部切除(P=0.0007)/TS2以下(0.03)。DFSの多変量有意はTS2以下/CH/N3無、OSの多変量有意はTS2以下/術後化療。【結論】J1根部切除は通常型膵癌PD後の局所再発を有意に抑制。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版