演題

OP-131-8

当教室における残胃潜在癌と残胃新生癌症例の検討

[演者] 須田 健:1
[著者] 星野 澄人:1, 立花 慎吾:1, 太田 喜洋:1, 高木 融:1, 逢坂 由昭:1, 伊藤 一成:1, 片柳 創:1, 粕谷 和彦:1, 勝又 健次:1, 土田 明彦:1
1:東京医科大学消化器外科

(目的)残胃潜在癌/残胃新生癌の特徴を検討(対象)幽切後残胃癌79例中手術が施行された56例(結果) 残胃潜在癌:24/残胃新生癌:32で検討.残胃潜在癌:残胃新生癌は男女比23:1/28:4.年齢(平均)48~79(65.3)/46~83(67.7).初回疾患(%)良:悪性/0:100/68.8:31.3.再建法(%)B-I:B-Ⅱ/100:0/40.6:59.4.占居部位(%)非断端部:吻合部:縫合部/58.3:16.7:25.0/28.1:56.3:15.6.肉眼型(%)0型:1型:2型:3型:4型/45.8:16.7:16.7:16.7:4.2/40.6:3.1:21.9:25.0:9.4.組織型(%)分化型:未分化型/58.3:41.7/43.8:56.2.最大腫瘍径㎜(中央値)12~80(41)/10~120(35).切除例23:28.郭清リンパ節個数(中央値)/1~40(6):3~56(14).リンパ節転移(%)13.6:31.3.病期(%)Ⅰ:Ⅱ:Ⅲ:Ⅳ62.5:20.8:12.5:2.1/40.6:21.9:26.1:12.5.再発形式例リンパ節:血行性:播種性/4:3:3/ 3:3:8.5年生存(%)41.7/37.5.(結語) 5年生存率は約40%で,予後は良好と言えない.潜在癌,新生癌ともに早期発見/治療を目指すべきと考えられた.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版