演題

OP-128-6

食道癌手術におけるエノキサパリンの安全性及び投与下におけるVTEリスク因子の検討

[演者] 中川 暁雄:1
[著者] 高井 亮:1, 前原 律子:1, 古出 隆大:1, 多田羅 敬:1, 細野 雅義:1, 山本 将士:1, 金治 新悟:1, 金光 聖哲:1, 森川 剛志:1, 山下 公大:1, 今西 達也:1, 角 泰雄:1, 中村 哲:1, 鈴木 知志:1, 田中 賢一:1, 掛地 吉弘:1
1:神戸大学食道胃腸外科

【背景】食道癌手術は静脈血栓塞栓症(VTE)の高リスクグループであるが、抗凝固療法による大出血合併症の危険因子を含んでおり、これらリスクとVTE予防のバランスを鑑みた適切な治療が必要である。【方法と結果】①2010年11月から2014年5月までの食道癌手術症例150例を対象とし、VTE予防としてエノキサパリン20mg, im, bidを行った。13例に深部静脈血栓症を、3例に肺動脈血栓塞栓症を認めた。2例に創部の小出血を認めたが、大出血は経験しなかった。②エノキサパリン投与下でのVTEリスク因子として、年齢、性別、BMI、術前化学療法の有無、術前アルブミン値、呼吸器疾患の有無、吻合部狭窄、縫合不全、手術時間、出血量の各項目を単変量解析を用い検討したところ、女性であることのみ有意(p=0.03)であった。また、肥満、術前化学療法施行、呼吸器疾患の並存もリスク因子であることが示唆された。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版