演題

OP-124-4

prone esophagectomyにおける縦隔郭清手技の定形化と継承

[演者] 押切 太郎:1
[著者] 安田 貴志:1, 後藤 裕信:1, 大山 正人:1, 山下 博成:1, 杉山 宏和:1, 桂 守弘:1, 上田 泰弘:1, 長谷川 寛:1, 柿木 啓太郎:1, 大原 忠敬:1, 千堂 宏義:1, 杉本 武巳:1, 藤野 泰宏:1, 富永 正寛:1
1:兵庫県立がんセンター外科

当科では2010年より腹臥位食道癌手術を導入し140症例を経験した。胸部食道癌手術は本邦で年間5000例台と限られており、当院は年間約40症例を腹部臓器での内視鏡外科技術認定医二人で執刀している。縦隔郭清を定型化しているが一番困難な部位が左側上縦隔であり、術中動画の検討で手技を改善してきた。現在は気管を転がして腹側の郭清境界を決定した後、食道の離断と牽引を利用してlateral pedicleを意識した郭清手順を定型化している。術者Aの同郭清の定形化の前後の検討では同部郭清時間、出血量の有意な改善を認めた。また術者Bは助手を経て20症例の執刀経験中に有意な手術時間と出血量の改善を認め、縫合不全5%、反回神経麻痺5%、呼吸器合併症0%であった。腹臥位食道癌手術は、内視鏡手術手技を習得していることを前提として、限られた症例数でも術中動画の詳細な反復検討で効率よく定型化・向上・継承が可能である。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版