演題

OP-121-6

切除不能再発GISTに対してイマチニブ長期寛解後中止症例の検討

[演者] 高橋 剛:1
[著者] 西田 俊朗:2, 中塚 梨絵:1, 原 尚志:1, 西垣 貴彦:1, 宮崎 安弘:1, 黒川 幸典:1, 山﨑 誠:1, 宮田 博志:1, 中島 清一:1, 瀧口 修司:1, 森 正樹:1, 土岐 祐一郎:1
1:大阪大学消化器外科, 2:国立がん研究センター東病院胃外科

【背景・目的】切除不能・再発GISTに対するイマチニブ(IM)治療は、高い臨床効果を認める一方で、長期治療有効例に対する投与断が、再燃を生じることが報告され(BFR14試験)、終生継続する必要があるとされている。当院で経験した5年以上の寛解後の中止例について、検討した。【対象】再発GISTに対してIM投与による5年以上の寛解後、中止を行った3例を対象。【結果】再発部位は、肝:腹膜=2:1例。投与期間は64(62-90)月であった。減量、休薬を必要としたが、長期投与に関連する有害事象はなかった。中止後全例再燃を認め、中央値は19ヶ月であった。IM再投与により全例、病勢コントロールが可能であった。【まとめ】切除不能再発GISTに対してイマチニブ長期寛解後中止症例について検討を行った。全例で再燃を認めたものの、イマチニブ再投与により病勢コントロール可能であった。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版