演題

OP-110-5

Mitroflow size19の有用性の検討

[演者] 郷田 素彦:1
[著者] 合田 真海:1, 伏見 謙一:1, 町田 大輔:1, 磯松 幸尚:1, 鈴木 伸一:1, 柳 浩正:2, 益田 宗孝:1
1:横浜市立大学外科治療学, 2:藤沢市民病院心臓血管外科

【背景】Mitroflow 19の日本人における循環動態は明らかでない.【方法】Mitroflow 19でAVRを施行した11例を対象とし,同期間にCEP MAGNA Ease19を用いた15例(CEP群)と臨床像,超音波検査などを比較.Mitroflowの適応はCEPの挿入困難症例.【結果】年齢,体格,体外循環時間に有意差なし.EOAIはMitroflow群:1.19 (0.93~1.35),CEP群:1.04 (0.86~1.20)でPatient-Prosthesis Mismatch(<0.85)なし.Mitroflow群とCEP群の術前心臓超音波検査所見LVDd,LVDs,LVEFは有意差なし.術後超音波検査所見LVDd,LVDs,LVEF,Ao-LVmaxPG (31.5 vs 29.6 mmHg,p=0.507)は有意差なし.LV mass indexはMitroflow群 術前149.1 g/m2→術後124.9 g/m2 (p<0.05),CEP群 術前160.1 g/m2→術後137.7 g/m2 (p<0.05)へ改善,両群間では有意差はなし.【結語】Mitroflow19はCEP MAGNA Ease19と弁置換後の圧較差,LV mass indexの改善は同等で,良好な血行動態が期待できる.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版