演題

OP-096-2

当院における進行食道胃接合部癌に対する下縦隔郭清

[演者] 三木 明:1
[著者] 喜多 亮介:1, 増井 秀行:1, 木下 裕光:1, 阪本 裕亮:1, 岡田 和幸:1, 山本 健人:1, 近藤 正人:1, 八木 真太郎:1, 瓜生原 健嗣:1, 小林 裕之:1, 橋田 裕毅:1, 貝原 聡:1, 細谷 亮:1
1:神戸市立医療センター中央市民病院外科

はじめに:当院では、食道胃接合部の進行胃癌は巨大なものが多く、残る残胃も小さくなってしなうことより、胃全摘を標準としている。食道浸潤が3㎝を超えない症例では、下縦隔郭清に関して、術野展開の工夫で径裂孔的に十分郭清可能と考えている。今回我々の径裂孔的下縦隔郭清手技を供覧する。方法:下縦隔郭清の準備として、左三角間膜を切離、肝外側区域を脱転し、横隔膜を切開裂孔を広げる。まず、腹側から、心嚢に付着する脂肪を切除し、可能な限り頭側まで剥離を進める。できれば、下肺静脈まで確認しておく。次に、左右の胸膜に沿って郭清していく。最後に、固有食道動脈を適切に処理しながら、背側の剥離をする。頭側縁を決めそこから郭清組織を切除標本につけるよう掻き下ろし郭清し食道を切離し標本を摘出する。その後は縦隔内で通常の胃全摘と同様にRoux-en Y再建で再建する。まとめ:当院における、食道胃接合部癌の下縦隔郭清手技を報告した。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版