演題

OP-093-1

Natural orifice specimen extraction(NOSE)による大腸癌完全腹腔鏡下手術の腹腔内汚染の臨床的検討

[演者] 八木 直樹:1
[著者] 富澤 直樹:1, 安東 立正:1, 荒川 和久:1, 小林 克己:1, 黒崎 亮:1, 佐藤 弘晃:1, 岩松 清人:1, 榎田 泰明:1, 岡田 拓久:1, 白石 卓也:1, 小澤 直也:1, 加藤 隆二:2, 須納瀬 豊:2, 竹吉 泉:2
1:前橋赤十字病院外科, 2:群馬大学臓器病態外科

【緒言】当院では大腸癌に対して、標本摘出を経腟的(TVSE)・経肛門的(TASE)などのNOSEによる完全腹腔鏡下手術を行っている。NOSEにおける汚染について検討したため報告する。【対象と方法】腹腔鏡下下部消化管手術時にNOSEを施行した計42例と通常腹腔鏡補助下手術(以下LAC)を施行した計130例。TVSE群では、後膣円蓋から標本摘出し吻合後の腹水を培養①、腹腔内を十分に洗浄後の腹水を培養②として提出した。TASE群では、内視鏡的に標本摘出し吻合後の腹水を培養①'、腹腔内を洗浄後の腹水を培養②'として提出した。TVSE群・TASE群・LAC群に関して、ドレーン抜去時のドレーン培養を③③’③”として提出し検討した。【結果】TVSE群・TASE群・LAC群を比較したところ菌量に有意差を認めなかった。【結語】NOSEの腹腔内吻合により腹腔内に細菌群は検出されたが、十分な腹腔内洗浄により菌量は著減し、臨床上問題となるようなSSIの発生頻度はLACと変わらなかった。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版