演題

OP-082-2

当院における大腸癌術前リンパ節診断の検討

[演者] 喜多 芳昭:1
[著者] 馬場 研二:1, 盛 真一郎:1, 浦田 正和:1, 恵 浩一:1, 内門 泰斗:1, 有上 貴明:1, 上之園 芳一:1, 奥村 浩:1, 前村 公成:1, 大脇 哲洋:1, 石神 純也:1, 夏越 祥次:1
1:鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科

当院で切除を行った結腸直腸癌切除症例113例のCT,超音波検査(US),PETによる術前リンパ節転移診断を検討.【結果①】CT診断113例でAccuracy 72.6%,陽性的中率(PPV) 73.7%,Sensitivity 56.0%,陰性的中率(NPV) 72.0%,Specificity 85.7%.うち分化型(Tub)105例でAccuracy 74.3%,低分化型(Por)粘液癌( Muc)8例で, Accuracy 50.0%とAccuracyは有意に減少(p=0.048).【結果②】US診断107例の検討. Accuracy 67.3%, PPV 64.0%,Sensitivity 35.6%, NPV 68.3%,Specificity 90.3%とSpecificity以外は低下.【結果③】PET診断 65例の検討. Accuracy 55.4%, PPV 58.3%,Sensitivity 22.58%, NPV 54.7%,Specificity 85.3%とCT診断より劣る.【まとめ】①AccuracyはCTが最も高い.②porやmucは,術前リンパ節診断が困難であり,リンパ節転移陽性を念頭においた手術が望ましい.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版