演題

OP-068-1

栄養指標CONUTは胆道癌における膵頭十二指腸切除術後の長期予後と関連する

[演者] 関根 慎一:1
[著者] 長田 拓哉:1, 吉岡 伊作:1, 渋谷 和人:1, 松井 恒志:1, 平野 勝久:1, 渡辺 徹:1, 森山 亮仁:1, 橋本 伊佐也:1, 北條 荘三:1, 堀 亮太:1, 奥村 知之:1, 塚田 一博:1
1:富山大学消化器・腫瘍・総合外科

【諸言】Controlling Nutritional Status Score(CONUT)は、蛋白、免疫、脂質の3要素から評価する簡便な方法である。CONUTと PNIの長期予後との関連性について、膵頭十二指腸切除術症例を用いて検討した。【対象・方法】当院にて膵頭十二指腸切除術を施行した胆道癌症例50例(胆管癌 34例、乳頭部癌 16例、StageⅠ:Ⅱ:Ⅲ:Ⅳ=7:9:20:14、平均69.8歳、男性:女性=26:24)を対象とした。CONUTと PNIを算出し長期予後との関係を比較した。(CONUT = Low : Moderate : High、45≦PNI: 40≦PNI<45: PNI<40の各々3群に分けて比較)。【結果】CONUT は、Low: 42例、Moderate :8例、High :0例。予後はLow : 1573.6日、Moderate : 649.5日であった(p<0.05)。 PNIでは、45≦PNI : 1304.6日 、40≦PNI<45 : 1514.1日、PNI<40 : 670.2日であった(p=0.06)。【結語】CONUT scoreは予後栄養指数として有用であった。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版