演題

OP-064-8

局所進行膵頭部癌に対する術前化学放射線療法後の系統的腸間膜切除法(Total meso-pancreatoduodenum excision)による膵頭十二指腸切除術

[演者] 川畑 康成:1
[著者] 林 彦多:1, 木谷 昭彦:1, 高井 清江:1, 田島 義証:1
1:島根大学消化器・総合外科

【はじめに】Borderline Resectable(BR)膵癌に対しR0切除を達成する系統的腸間膜切除法を報告する.【適応】主要動脈周囲浸潤を伴う膵癌(BR-A膵癌)にGem-RT後に手術.【系統的腸間膜切除法:Total meso-pancreatoduodenum excision(tMPDe)】SMA first approachである.meso-pancreatoduodenum(MPD )はFJA・IPDAで支配される領域で,膵頭・鉤部を後方から包み込む (Euro J Surg Oncol.2012).このMPDを膵頭・鉤部ごと腫瘍浸潤対側のSMAから一括で切除.まずSMA左側半周リンパ節郭清でFJAに到達.SMA左側神経浸潤陽性なら切除断念.右側半周郭清はSMA・Vテーピングで行う.SMA周囲R0確保後に空腸,FJA・IPDAを処理.肝動脈系浸潤はR0可能なら切除再建.tMPDeの利点①如何なる血管・臓器も切離せずにR0 の可否を判断,②腫瘍浸潤対側からのno-touch method,③門脈再建にグラフト不要,④流入動脈先行処理,⑤腹側膵由来浸潤癌に有効.【結論】われわれのtMPDeの手技の工夫を述べた.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版