演題

OP-061-8

膵頭十二指腸切除術後の胃内容排泄遅延の予後への影響

[演者] 二川 康郎:1
[著者] 矢永 勝彦:1, 石田 祐一:1, 岡本 友好:1, 遠山 洋一:1, 三澤 健之:1, 宇和川 匡:1, 藤岡 秀一:1, 野尻 卓也:1, 吉田 清哉:1, 柴 浩明:1, 坂本 太郎:1, 畑 太悟:1, 恩田 真二:1, 古川 賢英:1, 奥井 紀光:1, 阿部 恭平:1, 岩瀬 亮太:1, 大木 隆生:1
1:東京慈恵会医科大学外科

【背景】膵頭十二指腸切除術(PD)後の胃排出能遅延(Delayed Gastric Emptying:DGE)の予後への影響は明らかではない.【目的】PD後DGEの予後への影響について検討する. 【対象と方法】2003年から2010年まで当院附属4病院にて施行したPD症例436例をDGE非発生群(A群n=269)と発生群(B群n=167)に分け,背景因子,周術期因子とともにDGEの予後に及ぼす影響を検討した.【結果】DGEの発生率38.3%で,両群の背景因子で有意差(P<0.05)を認めたのは術中出血量, 膵空腸ドレーン抜去日,平均入院期間,胃切除範囲であった.予後は3年全生存率(OS),5年OS率はA群51.3%,34.9%,B群35.7%,26.1%で有意差を認め, Cox比例ハザードモデルで性別,年齢,原疾患,ステージ,手術時間,術中出血量,DGE(gradeA,B,C),膵液漏を交絡因子として解析した結果,原疾患,病期,DGEが有意な予後不良因子として検出された.【結語】DGE, 特にgrade Cは予後を悪化させる可能性がある.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版