演題

OP-054-8

胆管癌の断端陽性症例の治療方針の検討

[演者] 中薗 俊博:1
[著者] 門野 潤:1, 石崎 直樹:1, 基 俊介:1, 井上 真岐:1, 北薗 巌:1, 井本 浩:1, 田畑 峯雄:2
1:鹿児島大学心臓血管・消化器外科, 2:鹿児島市医師会病院外科

【はじめに】胆管断端陽性胆管癌の予後因子,膵頭十二指腸切除術(PD)と胆管切除(BD)の術式選択について検討.【対象および方法】中下部胆管癌手術症例84例(中部35例,下部49例)。検討項目:占拠部位,術式,進行度,リンパ節転移(N),脈管(v,ly)神経浸潤(ne),組織学的切除断端癌浸潤.切除断端陽性症例の再発形式.【結果】平均年齢72.3歳.5年生存率は全体44.3%(中部/下部27.7% / 60.6% (p=0.16)),PD/BD 55.3/19.1%(P=0.030),N0/N1 52.8/0%(p=0.01),v0/1/2/3 66.2/44.2/44.1/0%(p<0.001),ne0/1/2/3 88.9%/70.5%/36.3%/16.2%(p=0.015)、切除断端陰性/陽性57.0%/6.7%(p<0.001).HM陽性でPDからBD移行は10例(HM陽性は上皮内2例,浸潤性 8例).再発形式は局所再発9例(十二指腸側7例,肝側2例).肝側再発2例は上皮内1例と浸潤性1例.【結語】予後因子はリンパ節転移,静脈浸潤,神経浸潤,切除断端陽性.BD移行例の十二指腸側断端再発が多く,PDで局所制御ができる可能性も考えられた.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版