演題

外科領域への再生医療実用化を目指した脂肪由来幹細胞シートの作製

[演者] 丸屋 安広:1
[著者] 金井 信雄:2, 小林 慎一朗:1, 大和 雅之:2, 岡野 光夫:2, 江口 晋:1
1:長崎大学移植・消化器外科, 2:東京女子医科大学先端生命医科学研究所

【背景】近年、脂肪由来幹細胞(ASC; Adipose derived stem cell)を用いた再生医療の臨床応用が様々な領域において開始されている。しかし、その移植法の大部分は静脈注射や局所注射などの細胞注入であり、組織工学技術が導入された治療方法は限定的である。我々は外科領域への臨床応用を更に加速させるため、トランスレーショナルリサーチとして移植法の検討も可能な大動物を用いて、ASCで作られた間葉系幹細胞シート(ASCシート)を作製した。【材料と方法】ミニブタの皮下脂肪を採取し、ASCを含む細胞集団を分離培養し純化する。フローサイトメーターを用いて存在する細胞の表現型がASCであることを確認した。多分化能は分化誘導実験で確認、自己複製能の評価にはコロニー形成試験を行った。温度応答性培養皿でASCを培養し重層化したASCシートを作製、20℃まで温度を下げることでシート状に回収した。【結果】移植可能なASCシートの作製に成功した。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版