セッション

J-PAD ガイドラインで推奨されている痛みの評価ツール:Behavioral Pain Scale(BPS)とCritical-Care Pain Observation Tool(CPOT),鎮静深度の評価ツール: Richmond Agitation-Sedation Scale(RASS)と Sedation-Agitation Scale(SAS),せん妄の評価ツール:Confusion Assessment Method for the Intensive Care Unit(CAM-ICU)と Intensive Care Delirium Screening Checklist(ICDSC)の使い方についての解説と,ビデオ映像や練習問題を用いた演習をグループワーク形式で行う。グループの中で出された疑問や,実際に臨床現場で困っていることなどについて,インストラクターやアシスタントが助言・解説などを行い,ツールの導入や使用継続に向けた学習の機会を提供する。

ハンズオン会場は第44 回学術集会の会場とは異なります。
参加者はあらかじめ会場をご確認ください。
 北海道大学学術交流会館(札幌市北区北8 条西5 丁目)
 ほくたけメディカルトレーニングセンターヴィレッジプラス(札幌市中央区北11 条西14 丁目1 番1 号ほくやくビル4F)

[インストラクター] 植村 桜:1, [インストラクター] 古賀 雄二:2, [インストラクター] 吹田 奈津子:3, [インストラクター] 茂呂 悦子:4, [アシスタント] 鶴田 良介:5, [アシスタント] 西 信一:6, [アシスタント] 長谷川 隆一:7
1:大阪市立総合医療センター, 2:亀田医療大学看護学部, 3:日本赤十字社和歌山医療センター, 4:自治医科大学附属病院, 5:山口大学, 6:兵庫医科大学, 7:水戸協同病院

詳細検索