検索結果一覧

シンポジウム / Symposium

シンポジウム8 (Symposium 8) : Crossroad of immunology,hematology and oncology
 
日程
2013年10月13日(日)
時間
08:15 - 10:45
会場
第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
座長・司会
水谷 修紀 (Shuki Mizutani):1、伊藤 悦朗 (Etsuro Ito):2
1:東京医科歯科大学 小児科、2:弘前大学 小児科

前へ戻る


Sequencing the genome of acute lymphoblastic leukemia - insights into pathophysiology and therapy

演題番号 : SY8-1

Charles Mullighan:1

Sequencing the genome of acute lymphoblastic leukemia - insights into pathophysiology and therapy

A revised scheme for lineage restriction of progenitors during hematopoiesis: Insight into the origin of mixed phenotype acute leukemia

演題番号 : SY8-2

河本 宏 (Hiroshi Kawamoto):1

1:京都大学再生医科学研究所 再生免疫学分野

A revised scheme for lineage restriction of progenitors during hematopoiesis: Insight into the origin of mixed phenotype acute leukemia

毛細血管拡張性運動失調症-原発性免疫不全症から血液悪性腫瘍発症機構に迫る-

演題番号 : SY8-3

高木 正稔 (Masatoshi Takagi):1

1:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 発生発達病態学分野

毛細血管拡張性運動失調症-原発性免疫不全症から血液悪性腫瘍発症機構に迫る-

GATA2異常によるMonoMAC症候群、家族性MDS/AMLにおける血球分化、免疫異常

演題番号 : SY8-4

本間 健一 (Kenichi Honma):1

1:防衛医科大学校病院 小児科

GATA2異常によるMonoMAC症候群、家族性MDS/AMLにおける血球分化、免疫異常

治療標的としてのAID

演題番号 : SY8-5

幸谷 愛 (Ai Koutani):1

1:東海大学医学部基盤診療系 再生医療科学造血腫瘍分野

治療標的としてのAID