検索結果一覧

一般口演 / Oral Session

一般口演 96 (Oral Session 96) :腫瘍崩壊症候群/患者サポート
 
日程
2013年10月13日(日)
時間
15:00 - 16:00
会場
第6会場 / Room No.6 (ロイトン札幌 2F エンプレス)
座長・司会
小林 良二 (Ryoji Kobayashi):1
1:札幌北楡病院 小児思春期科

前へ戻る


Efficacy and safety of febuxostat for prophylaxis of tumor lysis syndrome

演題番号 : OS-3-125

塚本 拓 (Taku Tsukamoto):1、酒井 和哉 (Kazuya Sakai):1、村主 啓行 (Hiroyuki Muranushi):1、岡本 裕介 (Yusuke Okamoto):1、山崎 尚也 (Naoya Yamasaki):1、杉浦 弘幸 (Hiroyuki Sugiura):1、松井 宏行 (Hiroyuki Matsui):1、上田 智朗 (Tomoaki Ueda):1、城 友泰 (Tomoyasu Jo):1、岡田 和也 (Kazuya Okada):1、大西 達人 (Tatsuhito Onishi):1、國富 あかね (Akane Kunitomi):1、上田 恭典 (Yasunori Ueda):1

1:Department of Haematology/Oncology, Kurashiki Central Hospital

Efficacy and safety of febuxostat for prophylaxis of tumor lysis syndrome

Rebound in uric acid levels after discontinuation of rasburicase during induction therapy

演題番号 : OS-3-126

岸本 健治 (Kenji Kishimoto):1、佐野 弘純 (Hirozumi Sano):1、鈴木 大介 (Daisuke Suzuki):1、安田 一恵 (Kazue Yasuda):1、小林 良二 (Ryoji Kobayashi):1、小林 邦彦 (Kunihiko Kobayashi):1

1:Dept. Pediatrics, Sapporo Hokuyu Hospital, Japan

Rebound in uric acid levels after discontinuation of rasburicase during induction therapy

Effective management of tumor lysis syndrome by reduced-dose administration of rasburicase

演題番号 : OS-3-127

高井 美穂子 (Mihoko Takai):1、山内 高弘 (Takahiro Yamauchi):1、大岩 加奈 (Kana Oiwa):1、松田 安史 (Yasufumi Matsuda):1、大蔵 美幸 (Miyuki Ookura):1、田居 克規 (Katsunori Tai):1、池ヶ谷 諭史 (Satoshi Ikegaya):1、岸 慎治 (Shinji Kishi):1、浦崎 芳正 (Yoshimasa Urasaki):1、吉田 明 (Akira Yoshida):1、上田 孝典 (Takanori Ueda):1

1:Department of Hematology and Oncology, Fukui University, Japan

Effective management of tumor lysis syndrome by reduced-dose administration of rasburicase

常勤医不在の血液内科外来におけるメディカルクラークの役割-血液内科専門クラークの育成に関して提案-

演題番号 : OS-3-128

田中 加奈子 (Kanako Tanaka):1、石黒 眞吾 (Shingo Ishiguro):1、池尻 文良 (Fumiyoshi Ikejiri):2、大西 千恵 (Chie Onishi):2、三宅 隆明 (Takaaki Miyake):2、高橋 勉 (Tsutomu Takahashi):2、鈴宮 淳司 (Junji Suzumiya):2

1:浜田医療センター 医療クラーク、2:島根大学医学部附属病院 腫瘍・血液内科

常勤医不在の血液内科外来におけるメディカルクラークの役割-血液内科専門クラークの育成に関して提案-

General physicians in high volume center often involve the diagnosis of hematologic malignancies

演題番号 : OS-3-129

東 光久 (Teruhisa Azuma):1、次橋 幸男 (Yukio Tsugihashi):1、佐田 竜一 (Ryuichi Sada):1、石丸 裕康 (Hiroyasu Ishimaru):1、八田 和大 (Kazuhiro Hatta):1

1:Department of General Internal Medicine, Tenri Hospital, Japan

General physicians in high volume center often involve the diagnosis of hematologic malignancies