検索結果一覧

ポスター / Poster

ポスター 12 (Poster 12) :MDS:臨床 1
 
日程
2013年10月11日(金)
時間
16:50 - 17:50
会場
ポスター会場 / Poster (ロイトン札幌 3F ロイトンホールABCD)
座長・司会
波多 智子 (Tomoko Hata):1
1:長崎大学原爆後障害医療研究所 血液内科学研究分野(原研内科)

前へ戻る


骨髄球系白血病細胞の皮膚腫瘤に対してアザシチジンが著効した1例

演題番号 : PS-1-81

橋村 光晴 (Mitsuharu Hashimura):1、金子 仁臣 (Hitomi Kaneko):2、井上 敦司 (Atsushi Inoue):1、相本 瑞樹 (Mizuki Aimoto):1、市原 弘善 (Hiroyoshi Ichihara):1、坂本 恵利奈 (Erina Sakamoto):1、大澤 政彦 (Masahiko Ohsawa):3、通堂 満 (Mitsuru Tsudo):2、平井 学 (Manabu Hirai):1

1:四天王寺病院 血液内科、2:大阪赤十字病院 血液内科、3:大阪市立大学大学院医学研究科 診断病理学

骨髄球系白血病細胞の皮膚腫瘤に対してアザシチジンが著効した1例

Donor-derived MDS with 11q-UPD after cord blood transplantation (CBT) for severe aplastic anemia

演題番号 : PS-1-82

杉盛 千春 (Chiharu Sugimori):1、吉田 健一 (Kenichi Yoshida):2,3、伊藤 雅文 (Masafumi Ito):4、吉田 晶代 (Akiyo Yoshida):5、澤崎 愛子 (Aiko Sawazaki):1、山口 正木 (Masaki Yamaguchi):1、佐藤 亜以子 (Aiko Sato):2,3、眞田 昌 (Masashi Sanada):2,3、上田 幹夫 (Mikio Ueda):1、小川 誠司 (Seiji Ogawa):2,3、中尾 眞二 (Shinji Nakao):5

1:Department of Hematology, Ishikawa Prefectural Central Hospital, Kanazawa, Japan、2:Cancer Genomics Project, Tokyo University, Tokyo, Japan、3:Pathology and Tumor Biology, Faculty of Medicine, Kyoto University, Kyoto, Japan、4:Department of Pathology, Red Cross Nagoya 1at Hospital, Nagoya, Japan、5:Cellular Transplantation Biology, Kanazawa University Graduate School of Medical Science, Kanazawa, Japan

Donor-derived MDS with 11q-UPD after cord blood transplantation (CBT) for severe aplastic anemia

Clonal evolution with i(17q) in a leukemic transformed patient from MDS after treatment with aza

演題番号 : PS-1-83

三好 隆史 (Takashi Miyoshi):1、井尾 克宏 (Katsuhiro Io):1、鷹尾 珠美子 (Sumiko Takao):1、永井 謙一 (Kenichi Nagai):1

1:Kansai electric power hospital, Osaka, Japan

Clonal evolution with i(17q) in a leukemic transformed patient from MDS after treatment with aza

アザシチジン投与後に2回の消化管穿孔を起こした骨髄異形成症候群の一例

演題番号 : PS-1-84

松浦 康弘 (Yasuhiro Matsuura):1、新井 宏典 (Hironori Arai):1、宇津 欣和 (Yoshikazu Utsu):1、増田 真一 (Shinichi Masuda):1、青墳 信之 (Nobuyuki Aotsuka):1、脇田 久 (Hisashi Wakita):1

1:成田赤十字病院 血液腫瘍科

アザシチジン投与後に2回の消化管穿孔を起こした骨髄異形成症候群の一例

アザシチジン治療中に急性白血病化した2例

演題番号 : PS-1-85

平井 学 (Manabu Hirai):1、坂本 恵利奈 (Erina Sakamoto):1、橋村 光晴 (Mitsuharu Hashimura):1、井上 敦司 (Atsushi Inoue):1、相本 瑞樹 (Mizuki Aimoto):1、市原 弘善 (Hiroyoshi Ichihara):1、中前 博久 (Hirohisa Nakamae):2、日野 雅之 (Masayuki Hino):2

1:四天王寺病院 血液内科、2:大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学

アザシチジン治療中に急性白血病化した2例

アザシチジン治療でSweet病を繰り返す骨髄異形成症候群

演題番号 : PS-1-86

吉田 こず恵 (Kozue Yoshida):1、和野 雅治 (Yuji Wano):2、大谷 朋之 (Tomoyuki Ootani):3

1:岩手県立胆沢病院 内科、2:岩手県立中央病院 血液内科、3:岩手県立胆沢病院 皮膚科

アザシチジン治療でSweet病を繰り返す骨髄異形成症候群

Azacitidine induced pneumonitis - a case report

演題番号 : PS-1-87

井手 宏明 (Hiroaki Ide):1、今岡 慎太郎 (Shintaro Imaoka):1、越野 康之 (Yasuyuki Koshino):1、遠藤 章 (Akira Endo):1、大居 慎治 (Shinji Ooi):1

1:Matsue Red Cross Hospital, Department of hematology

Azacitidine induced pneumonitis  -  a case report

Long-term cytogenetic response in a Japanese del(5q) MDS patient treated with low-dose lenalidomide

演題番号 : PS-1-88

金子 雅紀 (Masanori Kaneko):1、宮崎 浩二 (Koji Miyazaki):1、赤川 直之 (Naoyuki Akagawa):1、木村 明華 (Sayaka Kimura):1、木村 裕和 (Hirokazu Kimura):1、栂野 富輝 (Tomiteru Togano):1、檀原 幹生 (Mikio Danbara):1、堀江 良一 (Ryouichi Horie):1、東原 正明 (Masaaki Higashihara):1

1:Department of Hematology, Kitasato University School of Medicine

Long-term cytogenetic response in a Japanese del(5q) MDS patient treated with low-dose lenalidomide

Myelodysplastic syndromes with del(13) in a patient with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria (PNH)

演題番号 : PS-1-89

木村 哲 (Satoshi Kimura):1、野地 秀義 (Hideyoshi Noji):2、高橋 裕志 (Hiroshi Takahashi):2、木村 悟 (Satoru Kimura):1、斎藤 由理恵 (Yurie Saitoh):1、神林 裕行 (Hiroyuki Kanbayashi):1、松田 信 (Shin Matsuda):1、小田島 肇 (Hajime Odajima):3、竹石 恭知 (Yasuchika Takeishi):2、七島 勉 (Tsutomu Shichishima):2,4

1:Division of Hematology, Ohta-nishinouchi Hospital, Koriyama, Japan、2:Department of Cardiology and Hematology, Fukushima Medical University, Fukushima, Japan、3:Division of Pathology, Ohta-nishinouchi Hospital, Koriyama, Japan、4:Fukushima Research Institute of Environment and Medicine, Fukushima, Japan

Myelodysplastic syndromes with del(13) in a patient with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria (PNH)

Successful auto-SCT for t-MDS with der(1;7) using a stem cell graft harvested before developing MDS

演題番号 : PS-1-90

出島 彰宏 (Akihiro Dejima):1、澤崎 愛子 (Aiko Sawazaki):1、杉森 千春 (Chiharu Sugimori):1、上田 幹夫 (Mikio Ueda):1、山口 正木 (Masaki Yamaguchi):1、中尾 眞二 (Shinji Nakao):2

1:Ishikawa Prefectural Central Hospital,Japan、2:Cellular Transplantation Biology,Kanazawa University Graduate School , Japan.

Successful auto-SCT for t-MDS with der(1;7) using a stem cell graft harvested before developing MDS