演題検索

検索結果(日時・会場順に表示しています)

 
PAGE : [1]      <<      148   |   149   |   150   |   151   |   152   |   153   |   154      >>      [157]
検索結果 151/157ページ目を表示(合計:1568件)
一般口演 / Oral Session

一般口演 102 (Oral Session 102) :骨髄腫:移植

会場:第10会場 / Room No.10 (ロイトン札幌 20F パールホールAB)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-157

Outcome of autologous stem cell transplantation for multiple myeloma in the era of novel agents

萩原 將太郎 (Shotaro Hagiwara):1、佐藤 淳至 (Atsushi Sato):1、平井 理泉 (Risen Hirai):1、谷村 聡 (Akira Tanimura):1、中村 美紀 (Miki Nakamura):1、竹下 昌孝 (Masataka Takeshita):1、三輪 哲義 (Akiyoshi Miwa):1
1:Div. Hematology, National Center for Global Health and Medicine, Tokyo

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 102 (Oral Session 102) :骨髄腫:移植

会場:第10会場 / Room No.10 (ロイトン札幌 20F パールホールAB)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-158

The efficacy of novel agents combined induction chemotherapy for multiple myeloma in ASCT setting

津下 奈都子 (Natsuko Tsushita):1、三宅 奏衣 (Kanae Miyake):1、堺 寿保 (Toshiyasu Sakai):1、宮尾 康太郎 (Kotaro Miyao):1、酒村 玲央奈 (Reona Sakemura):1、加藤 智則 (Tomonori Kato):1、新美 圭子 (Keiko Niimi):1、小野 芳孝 (Yoshitaka Ono):1、澤 正史 (Masashi Sawa):1
1:Anjo Kosei Hospital Dept. Hematology/ Oncology

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 102 (Oral Session 102) :骨髄腫:移植

会場:第10会場 / Room No.10 (ロイトン札幌 20F パールホールAB)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-159

Prognostic factors in relapsed multiple myeloma patients after autologous stem cell transplantation

塚本 彩人 (Ayato Tsukamoto):1、南谷 泰仁 (Yasuhito Nannya):1、黒川 峰夫 (Mineo Kurokawa):1,2
1:Department of Hematology and Oncology, Tokyo University, Tokyo, Japan、2:Department of Cell Therapy and Transplantation, Tokyo University, Tokyo, Japan

抄録
教育講演 / Educational Lecture

【再】教育講演26 (Educational Lecture 26) : ガイドライン(標準治療)

会場:第11会場 / Room No.11 (札幌市教育文化会館 1F 大ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 15:30

演題番号 : EL-26

日本血液学会造血器腫瘍診療ガイドライン:びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

大間知 謙 (Ken Ohmachi):1
1:東海大学医学部内科学系 血液・腫瘍内科

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 104 (Oral Session 104) :リンパ腫:マーカー/予後因子 3

会場:第12会場 / Room No.12 (札幌市教育文化会館 1F 小ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-165

MIB-1 labeling index as a prognostic factor in patients with follicular lymphoma treated with R-CHOP

山本 恵理 (Eri Yamamoto):1、富田 直人 (Naoto Tomita):1、坂田 征士 (Seiji Sakata):2、津山 直子 (Naoko Tsuyama):3、竹内 賢吾 (Kengo Takeuchi):2、立花 孝崇 (Takayoshi Tachibana):4、高崎 啓孝 (Hirotaka Takasaki):6、田中 正嗣 (Masatsugu Tanaka):4、橋本 千寿子 (Chizuko Hashimoto):6、小原澤 英之 (Hideyuki Koharazawa):7、藤巻 克通 (Katsumichi Fujimaki):5、田口 淳 (Jun Taguchi):8、原野 浩 (Hiroshi Harano):9、本村 茂樹 (Shigeki Motomura):6、石ヶ坪 良明 (Yoshiaki Ishigatsubo):1
1:Dep. Int. Med. and Clinical Immunology, Yokohama City Univ., Japan、2:Pathology Project for Molecular Targets, the Cancer Institute, JFCR, Tokyo, Japan、3:Division of Pathology, the Cancer Insititute, JFCR, Tokyo, Japan、4:Dept. of Hematology, Yokohama City University Medical Center, Yokohama, Japan、5:Dept. of Hematology/Immunology, Fujisawa City Hospital, Fujisawa, Japan、6:Dept. of Medical Oncology, Kanagawa Cancer Center, Yokohama, Japan、7:Dept. of Hematology, Yamato City Hospital, Yamato, Japan、8:Dept. of Hematology, Shizuoka Red Cross Hospital, Shizuoka, Japan、9:Department of Hematology, Yokosuka City Hospital, Yokosuka, Japan

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 104 (Oral Session 104) :リンパ腫:マーカー/予後因子 3

会場:第12会場 / Room No.12 (札幌市教育文化会館 1F 小ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-166

FLIPI2とGELFを用いた濾胞性リンパ腫の予後解析

村上 五月 (Satsuki Murakami):1、加藤 春美 (Harumi Kato):1、山本 一仁 (Kazuhito Yamamoto):1、田地 浩史 (Hirofumi Taji):1、齋藤 統子 (Toko Saito):1、平野 大希 (Daiki Hirano):1、谷田部 恭 (Yasushi Yatabe):2、中村 栄男 (Shigeo Nakamura):2,3、木下 朝博 (Tomohiro Kinoshita):1
1:愛知県がんセンター中央病院血液細胞療法部、2:愛知県がんセンター中央病院 遺伝子病理診断部、3:名古屋大学附属病院 臓器病態診断学・病態構造解析学

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 104 (Oral Session 104) :リンパ腫:マーカー/予後因子 3

会場:第12会場 / Room No.12 (札幌市教育文化会館 1F 小ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-167

The isotype of the B-cell receptor predicts survival of patients with DLBCL treated with R-CHOP

有馬 浩史 (Hiroshi Arima):1、北野 俊行 (Toshiyuki Kitano):1、前田 猛 (Takeshi Maeda):1、錦織 桃子 (Momoko Nishikori):1、近藤 忠一 (Tadakazu Kondo):1、門脇 則光 (Norimitsu Kadowaki):1、高折 晃史 (Akifumi Takaori):1
1:Department of Hematology and Oncology, Kyoto University, Japan

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 104 (Oral Session 104) :リンパ腫:マーカー/予後因子 3

会場:第12会場 / Room No.12 (札幌市教育文化会館 1F 小ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-168

Impact of sex on clinical outcomes of mature B cell lymphoma in the rituximab era

中村 裕幸 (Hiroyuki Nakamura):1、渡邉 智之 (Tomoyuki Watanabe):2、矢野 尊啓 (Takahiro Yano):3、鵜池 直邦 (Naokuni Uike):4、岡村 精一 (Seiichi Okamura):5、花田 修一 (Shuichi Hanada):6、河野 文夫 (Fumio Kawano):7、角南 一貴 (Kazutaka Sunami):8、井上 信正 (Nobumasa Inoue):9、吉田 真一郎 (Sin-Ichiro Yoshida):10、下村 壮司 (Takeshi Shimomura):11、北野 喜良 (Kiyoshi Kitano):12、澤村 守夫 (Morio Sawamura):13、堀部 敬三 (Keizo Horibe):1、永井 宏和 (Hirokazu Nagai):1
1:NHO. Nagoya Med. Cen., Aichi, Japan、2:Aichi Gakuin Univ, Nisshin-cho, Japan、3:NHO. Tokyo Med. Cen., Tokyo, Japan、4:NHO. Kyushu Cancer Cen., Fukuoka, Japan、5:NHO. Kyushu Med. Cen., Fukuoka, Japan、6:NHO. Kagoshima Med. Cen., Kagoshima, Japan、7:NHO. Kumamoto Med. Cen., Kumamoto, Japan、8:NHO. Okayama Med. Cen., Okayama, Japan、9:NHO. Osaka Med. Cen., Osaka, Japan、10:NHO. Nagasaki Med. Cen., Nagasaki, Japan、11:NHO. Hirosima-Nishi Med. Cen., Otaka, Japan、12:NHO. Matsumoto Med. Cen., Matsumoto, Japan、13:NHO. Nishigunma National. Hosp., Shibukawa, Japan

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 104 (Oral Session 104) :リンパ腫:マーカー/予後因子 3

会場:第12会場 / Room No.12 (札幌市教育文化会館 1F 小ホール)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-169

Six cases of MYC and BCL2 double positive diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL)

西尾 充史 (Mitsufumi Nishio):1、武田 紫 (Yukari Takeda):1、高桑 康成 (Yasunari Takakuwa):2、佐藤 昌明 (Masaaki Sato):2
1:NTT East Sapporo Hospital, Department of Hematology and Oncology、2:NTT East Sapporo Hospital, Clinical Laboratory Department

抄録
一般口演 / Oral Session

一般口演 105 (Oral Session 105) :免疫制御

会場:第13会場 / Room No.13 (札幌市教育文化会館 3F 研修室301)
日時:2013年10月13日 15:00 - 16:00

演題番号 : OS-3-170

Clinical study of WT1 peptide vaccination for pediatric leukemia after stem cell transplantation

橋井 佳子 (Yoshiko Hashii):1、渡辺 新 (Arata Watanabe):2、坪井 昭博 (Akihiro Tuboi):3、尾路 祐介 (Yusuke Oji):4、保仙 直毅 (Naoki Hosen):5、宮村 能子 (Takako Miyamura):1、岡 芳弘 (Yoshihiro Oka):6、大薗 恵一 (Keiichi Ozono):1、杉山 治夫 (Haruo Sugiyama):7
1:Developmental Medicine Osaka University Graduate School of Medicine, Osaka, Japan、2:Nakadoori General Hospital, Akita, Japan、3:Cancer Immunother, Osaka Univ Grad Sch Med., Osaka, Japan、4:Cancer Stem Cell Biology, Osaka Univ Grad Sch Med., Osaka, Japan、5:Biomed Inform, Osaka Univ Grad Sch Med., Osaka, Japan、6:Resp Med, Allerg Rheum Disease, Osaka Univ Grad Sch Med., Osaka, Japan、7:Func Diag Sci, Osaka Univ Grad Sch Med., Osaka, Japan

抄録
PAGE : [1]      <<      148   |   149   |   150   |   151   |   152   |   153   |   154      >>      [157]