演題検索

検索結果(日時・会場順に表示しています)

 
PAGE : 1   |   2   |   3   |   4   |   5   |   6   |   7      >>      [157]
検索結果 1/157ページ目を表示(合計:1568件)
その他 / Other

開会式 / Opening Remarks

会場:第1会場 / Room No.1 (さっぽろ芸文館 1F ニトリ文化ホール)
日時:2013年10月11日 08:50 - 09:00

演題番号 : -

シンポジウム / Symposium

【E】シンポジウム1 (Symposium 1 (JSH-ASH Joint Symposium)) : Understanding molecular pathogenesis and biological behavior of MM to further improve its clinical outcome

会場:第1会場 / Room No.1 (さっぽろ芸文館 1F ニトリ文化ホール)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY1-1

Biology and molecular targets in multiple myeloma

Nikhil C. Munshi:1
1:Department of Medical Oncology, Dana-Farber Cancer Institute, Boston VA Healthcare System, Harvard Medical School Boston MA, USA

抄録
シンポジウム / Symposium

【E】シンポジウム1 (Symposium 1 (JSH-ASH Joint Symposium)) : Understanding molecular pathogenesis and biological behavior of MM to further improve its clinical outcome

会場:第1会場 / Room No.1 (さっぽろ芸文館 1F ニトリ文化ホール)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY1-2

Genome based therapeutics in myeloma

Alexander Keith Stewart:1
1:Division of Hematology - Oncology, Mayo Clinic Arizona, USA

抄録
シンポジウム / Symposium

【E】シンポジウム1 (Symposium 1 (JSH-ASH Joint Symposium)) : Understanding molecular pathogenesis and biological behavior of MM to further improve its clinical outcome

会場:第1会場 / Room No.1 (さっぽろ芸文館 1F ニトリ文化ホール)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY1-3

Future therapy for multiple myeloma through therapeutic targeting of cell signaling pathways

黒田 純也 (Junya Kuroda):1
1:Division of Hematology and Oncology, Department of Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine, Japan

抄録
シンポジウム / Symposium

【E】シンポジウム1 (Symposium 1 (JSH-ASH Joint Symposium)) : Understanding molecular pathogenesis and biological behavior of MM to further improve its clinical outcome

会場:第1会場 / Room No.1 (さっぽろ芸文館 1F ニトリ文化ホール)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY1-4

Determinants of sensitivity to proteasome inhibitors and strategies to overcome acquired resistance against bortezomib in multiple myeloma

飯田 真介 (Shinsuke Iida):1、李 政樹 (Masaki Ri):1
1:Department of Medical Oncology & Immunology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences, Japan

抄録
シンポジウム / Symposium

シンポジウム2 (Symposium 2) : Progression of thrombosis and hemostasis

会場:第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY2-1

Induction of Megakaryocytes and Platelets from Fibroblasts by p45NF-E2/Maf

松原 由美子 (Yumiko Matsubara):1
1:慶應義塾大学医学部 発生・分化生物学

抄録
シンポジウム / Symposium

シンポジウム2 (Symposium 2) : Progression of thrombosis and hemostasis

会場:第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY2-2

血友病におけるインヒビター発生機序とその制御手法

窓岩 清治 (Seiji Madoiwa):1
1:自治医科大学分子病態治療研究センター 分子病態研究部、2:自治医科大学附属病院 血液内科

抄録
シンポジウム / Symposium

シンポジウム2 (Symposium 2) : Progression of thrombosis and hemostasis

会場:第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY2-3

ADAMTS13によるVWF依存性血栓-炎症連関病態の制御

杉本 充彦 (Mitsuhiko Sugimoto):1
1:奈良県立医科大学 血栓制御医学

抄録
シンポジウム / Symposium

シンポジウム2 (Symposium 2) : Progression of thrombosis and hemostasis

会場:第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY2-4

PAI-1分子: 新たな役割と臨床応用

宮田 敏男 (Toshio Miyata):1
1:東北大学大学院医学系研究科 分子病態治療学

抄録
シンポジウム / Symposium

シンポジウム2 (Symposium 2) : Progression of thrombosis and hemostasis

会場:第2会場 / Room No.2 (さっぽろ芸文館 3F 瑞雪)
日時:2013年10月11日 09:00 - 11:30

演題番号 : SY2-5

インテグリン機能と創薬への応用

島岡 要 (Motomu Shimaoka):1
1:三重大学大学院・医学系研究科 分子病態学

抄録
PAGE : 1   |   2   |   3   |   4   |   5   |   6   |   7      >>      [157]