演題詳細

ポスター / Poster

ポスター 12 (Poster 12) :MDS:臨床 1

print

日程
2013年10月11日(金)
時間
16:50 - 17:50
会場
ポスター会場 / Poster (ロイトン札幌 3F ロイトンホールABCD)
座長・司会
波多 智子 (Tomoko Hata):1
1:長崎大学原爆後障害医療研究所 血液内科学研究分野(原研内科)
 
前へ戻る

アザシチジン治療でSweet病を繰り返す骨髄異形成症候群

演題番号 : PS-1-86

吉田 こず恵 (Kozue Yoshida):1、和野 雅治 (Yuji Wano):2、大谷 朋之 (Tomoyuki Ootani):3

1:岩手県立胆沢病院 内科、2:岩手県立中央病院 血液内科、3:岩手県立胆沢病院 皮膚科

 

【はじめに】骨髄異形成症候群(MDS)は、造血幹細胞移植を除くと、治癒を目指す事が困難な疾患である。高齢者に多いMDSは、移植治療を選択出来る症例も限られるため、高リスクMDSで生命予後改善の成績があるDNAメチル化阻害剤5-azacitidine(AZA)は、重要な治療薬となっている。2011年3月にAZAが本邦で使用可能となり、その使用経験の蓄積とともに、添付文書には記載されていなかった新たな有害事象が、今後報告される可能性もある。我々は、MDS症例にAZA投与し、Sweet病を繰り返す一例を経験した。Sweet病とは、特発性(古典的)、薬剤起因性、または悪性疾患などに関与する急性発熱性好中球性皮膚症で、このうち悪性疾患の関与するSweet病は約20%で、MDSや白血病などの造血器腫瘍に合併することも多い。一方、薬剤起因性Sweet病はG-CSFやNSAIDなどの報告があるが、AZAに関連する報告例は少ない。【症例】61歳女性、高度貧血にて当院紹介受診。骨髄検査の結果、MDS(RCMD)、核型(46,XX)、IPSS (0点) Low、WPSS(2点) Intermediate、IPSS-R(2.5点)Lowの診断。週1回赤血球輸血必要のため、AZA療法導入の方針。【結果】AZA(75mg/m2/day、7日間点滴) 1コース施行し、約1か月後に発熱と骨髄抑制で入院。歯肉炎と好中球減少(Grade 4)のため抗生剤と抗真菌剤点滴開始。また口唇ヘルペス増悪のためaciclovir(ACV)点滴併用。血球回復後も発熱が続き、背側部に水胞と硬結を伴う皮膚発赤が出現。皮膚生検施行し、病理組織診よりSweet病の診断。prednisolone(PSL)0.5mg/kg/day内服開始し解熱、徐々に皮膚症状も改善し退院。PSL減量しつつ、AZA治療継続中であるが、背側部や頭部にSweet病の再燃を繰り返した。【まとめ】AZA治療中にSweet病を繰り返すMDS症例を経験した。AZAに関連したSweet病合併の報告は少なく、その発現機序も明らかではない。当院で経験した症例の報告と、文献的な知見を交えて考察する。

前へ戻る