セッション情報

ワークショップ

第62回・2017年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 15
VAの作成と管理
開催回
第62回・2017年・横浜

イントロダクション~先人達の軌跡をたどり,未来へのヒントを探る~

演題番号 : WS-15-1

中川 芳彦:1

1:新都市医療研究会「関越」会南町クリニック内科

イントロダクション~先人達の軌跡をたどり,未来へのヒントを探る~

AVF作製におけるこだわり~手術成績から考えること~

演題番号 : WS-15-2

大川 博永:1、藤田 淳也:1、八幡 純子:1、山本 裕也:1

1:大川バスキュラーアクセス・腎クリニック

AVF作製におけるこだわり~手術成績から考えること~

Fistula Maturation in the United States

演題番号 : WS-15-3

小口 健一:1、Kenneth J. Woodside:2

1:望星病院、2:University of Michigan, Transplantation Surgery, USA

Fistula Maturation in the United States

バイオチューブのバスキュラーアクセス血管としての有用性

演題番号 : WS-15-4

中山 泰秀:1、古越 真耶:1

1:国立循環器病研究センター研究所医工学材料研究室

バイオチューブのバスキュラーアクセス血管としての有用性

当科における人工血管移植とその管理

演題番号 : WS-15-5

甲斐 耕太郎:1、廣谷 紗千子:1、中島 一朗:1、渕之上 昌平:1

1:東京女子医科大学腎臓外科

当科における人工血管移植とその管理

グラフト吹き流し法(Graft Drifting Technique)による過剰血流制御の検討~PAD増加の時代に~

演題番号 : WS-15-6

大崎 慎一:1

1:玄々堂君津病院総合腎臓病センター外科

グラフト吹き流し法(Graft Drifting Technique)による過剰血流制御の検討~PAD増加の時代に~

前腕AVF再建術後の治療成績

演題番号 : WS-15-7

野口 智永:1

1:吉祥寺あさひ病院バスキュラーアクセスセンター

前腕AVF再建術後の治療成績

VA治療法としてVAIVTは,今後も支持されるのか?

演題番号 : WS-15-8

天野 泉:1

1:名古屋バスキュラーアクセス天野記念診療所

VA治療法としてVAIVTは,今後も支持されるのか?