セッション情報

シンポジウム

第62回・2017年・横浜
シンポジウム
シンポジウム 14
透析医療における多職種医療連携 IPW
開催回
第62回・2017年・横浜

IPWとは何でしょう

演題番号 : SY-14-1

長谷川 元:1

1:埼玉医科大学総合医療センター腎・高血圧内科

IPWとは何でしょう

大学病院におけるIPWの現状

演題番号 : SY-14-2

要 伸也:1

1:杏林大学第一内科、腎・透析センター

大学病院におけるIPWの現状

多職種医療連携を活かした透析専門病院としての取り組み~医師の立場から~

演題番号 : SY-14-3

中村 秀敏:1

1:小倉第一病院

多職種医療連携を活かした透析専門病院としての取り組み~医師の立場から~

より良い透析看護を目指して

演題番号 : SY-14-4

高橋 敏恵:1

1:大宮西口クリニック

より良い透析看護を目指して

手をつなごう!透析医療における多職種連携~臨床工学技士だからできること~

演題番号 : SY-14-5

大塚 紹:1

1:杉循環器科内科病院医療機器管理室

手をつなごう!透析医療における多職種連携~臨床工学技士だからできること~

腹膜透析における多職種医療連携(IPW)の意義~管理栄養士の立場から~

演題番号 : SY-14-6

山尾 尚子:1、菅野 丈夫:2

1:昭和大学藤が丘病院栄養科、2:昭和大学病院栄養科

腹膜透析における多職種医療連携(IPW)の意義~管理栄養士の立場から~

多職種医療連携における社会福祉士の役割

演題番号 : SY-14-7

黒川 奈央:1

1:嶋田病院

多職種医療連携における社会福祉士の役割

まとめ

演題番号 : SY-14-8

嶋田 英敬:1

1:嶋田病院

まとめ