セッション情報

口演

第62回・2017年・横浜
口演
口演
その他合併症5
開催回
第62回・2017年・横浜

透析患者におけるN1M0, N2M0, NxM1腎癌に対して原発巣を摘除した場合、C-reactive protein高値は予後不良因子である

演題番号 : O-0144

福田 洋典:1、近藤 恒徳:2、高木 敏男:1、吉田 一彦:1、石原 弘喜:1、田邉 一成:1

1:東京女子医科大学泌尿器科、2:東京女子医科大学東医療センター泌尿器科

透析患者におけるN1M0, N2M0, NxM1腎癌に対して原発巣を摘除した場合、C-reactive protein高値は予後不良因子である

血液透析導入期に発症したprimary effusion lymphomaの一例

演題番号 : O-0145

後藤 慧:1、亀田 茂美:1、成田 一衛:2

1:上越総合病院内科、2:新潟大学医歯学総合病院腎・膠原病内科

血液透析導入期に発症したprimary effusion lymphomaの一例

BALTリンパ腫を合併した血液透析患者の1例

演題番号 : O-0146

内海 英貴:1、高橋 修:1、安藤 哲郎:2、安藤 義孝:2

1:白根クリニック、2:日高病院

BALTリンパ腫を合併した血液透析患者の1例

血液透析患者に発症した赤血球増多症を伴うエリスロポエチン産生腎細胞癌の1例

演題番号 : O-0147

北野 泰佑:1、矢内 克典:1、石井 洋輝:1、植田 裕一郎:1、大河原 晋:1、森下 義幸:1

1:自治医科大学附属さいたま医療センター透析部

血液透析患者に発症した赤血球増多症を伴うエリスロポエチン産生腎細胞癌の1例

透析患者の肝ヘモジデローシスにおける非侵襲的肝鉄量定量の検討

演題番号 : O-0148

上原 健二:1、豊川 浩:1、桂 健太郎:1、松本 富夫:1、住元 了:1、池田 政宣:1、竹本 将彦:1

1:(独)国立病院機構柳井医療センター

透析患者の肝ヘモジデローシスにおける非侵襲的肝鉄量定量の検討

カプセル内視鏡にて小腸出血を認めるも部位同定と治療に苦慮した透析患者の1例

演題番号 : O-0149

森戸 卓:1、小野 亘:1、塚田 美保:1、野上 麻子:2、長谷川 直樹:3、角田 幸雄:3、波多野 道康:1

1:横浜労災病院腎臓内科、2:横浜労災病院消化器内科、3:横浜労災病院病理診断部

カプセル内視鏡にて小腸出血を認めるも部位同定と治療に苦慮した透析患者の1例