セッション情報

ポスター

第60回・2015年・横浜
ポスター
ポスター
PD症例報告
開催回
第60回・2015年・横浜

腹膜透析(PD)導入時に判明した遺伝性腎炎の成人の一例

演題番号 : P-3-446

塚田 美保:1、塚田 三佐緒:2、岡 雅俊:1、荒井 純子:1、秋岡 祐子:3、服部 元史:3、中西 浩一:4、土谷 健:1、秋葉 隆:2、新田 孝作:1

1:東京女子医科大学第四内科、2:東京女子医科大学血液浄化療法科、3:東京女子医科大学腎臓小児科、4:和歌山県立医科大学附属病院小児科

腹膜透析(PD)導入時に判明した遺伝性腎炎の成人の一例

診断に苦慮した急性腹症で死亡した血液透析併用腹膜透析患者の一剖検例

演題番号 : P-3-447

小湊 知:1、木村 友美:1、伊藤 千晴:1、水口 建:1、小川 敦史:1、笹川 祐司:1、成田 亜衣子:1、水野 晶紫:1、小山 勝志:1

1:(医)豊田会刈谷豊田総合病院腎・膠原病内科

診断に苦慮した急性腹症で死亡した血液透析併用腹膜透析患者の一剖検例

保存治療で救命し得た両側気腫性腎盂腎炎合併腹膜透析患者の一例

演題番号 : P-3-448

高 桂華:1、鈴木 訓之:1、岡西 大介:1、野垣 文昭:1、恵 謙:2、木村 博子:2、植村 祐一:2、福澤 重樹:2

1:市立島田市民病院腎臓内科、2:市立島田市民病院泌尿器科

保存治療で救命し得た両側気腫性腎盂腎炎合併腹膜透析患者の一例

非外傷性脾出血を呈した腹膜透析患者の1例

演題番号 : P-3-449

木下 千春:1、三浦 拓郎:1、神田 陽子:1、鶴岡 歩:1、藤野 高久:1、井上 賀元:1、神田 千秋:1

1:公益社団法人京都保健会京都民医連中央病院腎循環器センター

非外傷性脾出血を呈した腹膜透析患者の1例

腹膜透析を導入した成人男性ダウン症患者の一例

演題番号 : P-3-450

兵頭 俊武:1、谷山 佳弘:1、中野 志仁:1、大西 佐代子:1、中谷 嘉寿:1、松岡 稔明:1、井上 裕紀:1、清水 和幸:1、有馬 秀二:1

1:近畿大学医学部附属病院人工透析部

腹膜透析を導入した成人男性ダウン症患者の一例

頻回な血小板輸血を要する重症再生不良性貧血患者に腹膜透析を導入した一例

演題番号 : P-3-451

鈴木 康弘:1、坂田 史子:1、加藤 規利:1、勝野 敬之:1、石本 卓嗣:1、小杉 智規:1、坪井 直毅:1、水野 正司:1、丸山 彰一:1、伊藤 恭彦:1、松尾 清一:1

1:名古屋大学医学部附属病院腎臓内科

頻回な血小板輸血を要する重症再生不良性貧血患者に腹膜透析を導入した一例

生体腎移植の約40年後に腹膜透析を再開した末期腎不全の1例

演題番号 : P-3-452

菱田 英里華:1、小林 高久:1、菅生 太郎:1、今井 利美:1、若林 奈津子:1、吉澤 寛道:1、岡田 麻里:1、山本 尚史:1、武田 真一:1、木村 貴明:2、八木澤 隆:2、武藤 重明:1、長田 太助:1

1:自治医科大学腎臓内科、2:自治医科大学腎臓外科

生体腎移植の約40年後に腹膜透析を再開した末期腎不全の1例

C型肝炎による肝硬変を合併した末期腎不全に対して腹膜透析を導入した一例

演題番号 : P-3-453

太田 矩義:1、斎藤 友充子:1、伊藤 泉:1、山下 紀行:1、堀田 俊介:1、藤井 敦子:1、平山 きふ:1、竹内 一郎:1、中ノ内 恒如:1、三神 一哉:1、三本木 麻衣子:2、世古口 悟:2

1:京都第一赤十字病院腎センター、2:京都第一赤十字病院消化器内科

C型肝炎による肝硬変を合併した末期腎不全に対して腹膜透析を導入した一例

腎癌に対する後腹膜鏡下腎摘術後に腹膜透析(PD)を継続し得た1例

演題番号 : P-3-454

小原 麻里菜:1、武田 真一:1、清水 俊洋:2、今井 麗華:1、木村 貴明:2、山崎 智行:1、駒田 敬則:1、佐藤 隆太:1、中澤 英子:1、森下 義幸:1、秋元 哲:1、武藤 重明:1、八木澤 隆:2、長田 太助:1

1:自治医科大学附属病院腎臓センター内科部門、2:同外科部門

腎癌に対する後腹膜鏡下腎摘術後に腹膜透析(PD)を継続し得た1例

腹膜透析患者においても残腎機能を維持したまま心臓手術が可能であった症例

演題番号 : P-3-455

奥野 良樹:1、管 桃子:1、瀬尾 麻位子:1、森田 龍頼:1、山原 英樹:1、河野 啓子:1、乾 恵美:1、正木 浩哉:1、木下 竜臣:2、桑内 慎太郎:2、高見 良行:2、川副 浩平:3

1:関西医科大学附属滝井病院透析センター、2:関西医科大学附属滝井病院心臓血管外科、3:関西医科大学附属滝井病院心臓血管センター

腹膜透析患者においても残腎機能を維持したまま心臓手術が可能であった症例