セッション情報

ポスター

第60回・2015年・横浜
ポスター
ポスター
栄養指導 2
開催回
第60回・2015年・横浜

糖尿病透析患者と医療従事者の血糖管理に対する認識度調査

演題番号 : P-2-247

北島 幸枝:1、三上 憲子:2、羽賀 里御:3、三村 敦子:3、角田 美由貴:3、兵藤 透:3、飛田 美穂:2、倉田 康久:2

1:東京医療保健大学、2:(医)財団倉田会くらた病院、3:(医)財団倉田会えいじんクリニック

糖尿病透析患者と医療従事者の血糖管理に対する認識度調査

当院における糖尿病透析予防指導の現状について

演題番号 : P-2-248

小林 憲司:1、加藤 大也:1、加藤 泰子:2、加藤 美里:2、林 安津美:3、澤井 喜邦:1、倉田 久嗣:1

1:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院内科、2:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院看護部、3:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院栄養科

当院における糖尿病透析予防指導の現状について

糖尿病透析患者の血糖コントロール現況

演題番号 : P-2-249

北村 桂:1、加藤 悟:1、菅俣 敬:1、遠山 明:1、野村 幸範:1、沖崎 絵衣:1、内田 満美子:1、阪 聡:1

1:(医)社団聡生会阪クリニック透析センター

糖尿病透析患者の血糖コントロール現況

糖尿病透析患者の栄養指導媒体の使用状況

演題番号 : P-2-250

北島 幸枝:1、三上 憲子:2、羽賀 里御:3、三村 敦子:3、角田 美由貴:3、兵藤 透:3、飛田 美穂:2、倉田 康久:2

1:東京医療保健大学、2:(医)財団倉田会くらた病院、3:(医)財団倉田会えいじんクリニック

糖尿病透析患者の栄養指導媒体の使用状況

透析前の血糖値を測定することで血糖コントロールが改善した2症例~カーボ血糖フィードバック法を用いて~

演題番号 : P-2-251

羽賀 里御:1、三村 敦子:1、兵藤 透:1、三上 憲子:2、飛田 美穂:2、倉田 康久:2、北島 幸枝:3

1:(医)財団倉田会えいじんクリニック、2:(医)財団倉田会くらた病院、3:東京医療保健大学

透析前の血糖値を測定することで血糖コントロールが改善した2症例~カーボ血糖フィードバック法を用いて~

糖尿病透析患者の応用カーボカウント導入効果

演題番号 : P-2-252

三上 憲子:1、兵藤 透:2、大中 佳子:3、田畑 健一:4、藤田 哲夫:4、松本 和将:4、佐藤 威文:4、飛田 美穂:5、倉田 康久:5、北島 幸枝:6

1:(医)財団倉田会くらた病院栄養科、2:(医)財団倉田会えいじんクリニック、3:鎌倉女子大学、4:学校法人北里研究所北里大学病院血液浄化センター、5:(医)財団倉田会くらた病院、6:東京医療保健大学

糖尿病透析患者の応用カーボカウント導入効果

糖尿病透析患者に対する看護師による基礎カーボカウント指導~第2報~

演題番号 : P-2-253

羽賀 里御:1、三村 敦子:1、兵藤 透:1、三上 憲子:2、飛田 美穂:2、倉田 康久:2、北島 幸枝:3

1:(医)財団倉田会えいじんクリニック、2:(医)財団倉田会くらた病院、3:東京医療保健大学

糖尿病透析患者に対する看護師による基礎カーボカウント指導~第2報~

当院透析患者における血清亜鉛値と味覚の関連

演題番号 : P-2-254

池田 亜希子:1、島内 千登里:1、譲原 まゆみ:1、角 亜希子:1、外舘 百合子:1、高橋 景子:1、大場 牧子:1、松岡 順子:1、小美濃 理沙:1、矢野 由季幸:1、宮田 智美:1、鈴木 太:1、鈴木 敦:1、宮下 美恵:1、鈴木 利昭:1

1:阿佐谷すずき診療所透析室

当院透析患者における血清亜鉛値と味覚の関連

HD患者への栄養指導による体重増加量の変化について

演題番号 : P-2-255

林 安津美:1、小林 憲司:1、松本 早苗:2、中前 健二:3、倉田 久嗣:4

1:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院栄養科、2:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院看護部、3:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院臨床工学科、4:愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院内科

HD患者への栄養指導による体重増加量の変化について

外科的侵襲が加わったにも関わらず、維持透析導入を回避している、厳しい低たんぱく食事療法(Very Low Protein Diet:VLPD)実施例の経験

演題番号 : P-2-256

松田 幸子:1、鈴木 真澄:1、佐藤 麻衣子:2、小澤 尚:2、高木 由利:3、西尾 康英:3

1:(医)社団欅会東大和南街クリニック、2:(医)社団欅会小平北口クリニック、3:多摩CKD超低たんぱく食治療研究会

外科的侵襲が加わったにも関わらず、維持透析導入を回避している、厳しい低たんぱく食事療法(Very Low Protein Diet:VLPD)実施例の経験