セッション情報

口演

第60回・2015年・横浜
口演
口演
統計・疫学調査
開催回
第60回・2015年・横浜

血液透析患者の死亡リスク予測指標の開発: US Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study

演題番号 : O-1135

神田 英一郎:1、Bieber Brian:2、Pisoni Ronald:2、Robinson Bruce:2、Fuller Douglas:2

1:東京共済病院、2:Arbor Research

血液透析患者の死亡リスク予測指標の開発: US Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study

透析患者のβ2MG濃度と生命予後との関連の検討

演題番号 : O-1136

籾山 和大:1、高橋 宏:2、平松 英樹:1、安田 香:3、両角 國男:3

1:(特医)衆済会増子記念病院臨床工学課、2:藤田保健衛生大学病院学術研究支援科、3:同腎臓内科

透析患者のβ2MG濃度と生命予後との関連の検討

85歳以上の超高齢血液透析導入患者に関する予後の検討

演題番号 : O-1137

須藤 裕嗣:1、山崎 昌洋:1、福田 純子:1、岡井 隆広:1、青木 尚子:2、篠田 俊雄:2

1:社会医療法人河北医療財団河北総合病院腎臓内科、2:社会医療法人河北医療財団河北葦クリニック

85歳以上の超高齢血液透析導入患者に関する予後の検討

多施設共同研究「茨城県内の透析導入患者コホートの形成と予後調査」の実施報告

演題番号 : O-1138

臼井 俊明:1、斎藤 知栄:1、楊 景堯:1、樋渡 昭:1、萩原 正大:1、甲斐 平康:1、臼井 丈一:1、森戸 直記:1、山縣 邦弘:1

1:筑波大学附属病院血液浄化療法部

多施設共同研究「茨城県内の透析導入患者コホートの形成と予後調査」の実施報告

慢性維持透析患者における血液透析(HD)時間と予後に関する検討~Q-コホート研究~

演題番号 : O-1139

藤崎 毅一郎:1、田中 茂:1、谷口 正智:1、平方 秀樹:2、鶴屋 和彦:1、北園 孝成:1

1:九州大学病態機能内科学、2:日本赤十字社福岡赤十字病院

慢性維持透析患者における血液透析(HD)時間と予後に関する検討~Q-コホート研究~

透析患者と孤独死について

演題番号 : O-1140

古川 智之:1、森田 沙斗武:1、一杉 正仁:1、松本 博志:2

1:滋賀医科大学医学部社会医学部門法医学講座、2:大阪監察医事務所

透析患者と孤独死について