セッション情報

口演

第60回・2015年・横浜
口演
口演
アフェレーシス 3
開催回
第60回・2015年・横浜

溶血性尿毒症症候群に対してトロンボモジュリンα投与およびエンドトキシン吸着を施行した2症例

演題番号 : O-0469

大藪 尚美:1、柘植 俊介:1、水島 伊知郎:1、中島 昭勝:1、川野 充弘:2

1:石川県立中央病院腎臓内科リウマチ科、2:金沢大学大学院医学系研究科臓器機能制御学

溶血性尿毒症症候群に対してトロンボモジュリンα投与およびエンドトキシン吸着を施行した2症例

血栓性微小血管障害(TMA)に対し血漿交換療法中に大腸菌O-157LPS抗体陽性から溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断に至った一例

演題番号 : O-0470

公文 佐江子:1、葛原 信三:1、田形 倫子:2、臼井 亮介:1、小池 美菜子:1、松上 桂子:1、鬼塚 史朗:3

1:東京女子医科大学附属八千代医療センター腎臓内科、2:東京女子医科大学附属八千代医療センター内視鏡科、3:東京女子医科大学附属八千代医療センター血液浄化部

血栓性微小血管障害(TMA)に対し血漿交換療法中に大腸菌O-157LPS抗体陽性から溶血性尿毒症症候群(HUS)の診断に至った一例

血漿交換が有効であったと考えられたクロピドグレルによる非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の一例

演題番号 : O-0471

多田 和弘:1、安野 哲彦:1、伊藤 建二:1、安部 泰弘:1、三宅 勝久:1、笹冨 佳江:1、中島 衡:1

1:福岡大学病院腎臓・膠原病内科

血漿交換が有効であったと考えられたクロピドグレルによる非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の一例

ガンマグロブリン大量療法不応性の難治性川崎病に単純血漿交換を行った1小児例

演題番号 : O-0472

小松 剛士:1、有家 礼次:1、折田 智宏:1、戸川 卓哉:1、鍵谷 真希:1、中倉 兵庫:2、平野 一:1、能見 勇人:1、東 治人:1

1:大阪医科大学附属病院血液浄化センター、2:医療法人十和会第一十和会病院

ガンマグロブリン大量療法不応性の難治性川崎病に単純血漿交換を行った1小児例

単クローン性γグロブリン血症を伴った慢性リンパ性白血病に対し,先行的にDFPPを行うことにより安全にBendamustine+ Rituximab(BR)療法を施行し得た一例

演題番号 : O-0473

甲斐 恵子:1、式田 康人:1、久野 芳裕:1、矢尾 淳:1、鎌田 一寿:1、松永 貴志:2、宇田 晋:1

1:独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院腎臓内科、2:独立行政法人労働者健康福祉機構関東労災病院血液内科

単クローン性γグロブリン血症を伴った慢性リンパ性白血病に対し,先行的にDFPPを行うことにより安全にBendamustine+ Rituximab(BR)療法を施行し得た一例

術前血糖管理に血漿交換が有効であった抗インスリン抗体陽性2型糖尿病の一例

演題番号 : O-0474

石本 育栄:1、吉岡 和香子:1、田中 啓之:1、須田 伸:1、羽田 俊彦:1、小松 奈々:2、小澤 直子:2、内田 信一:3

1:草加市立病院腎臓内科、2:草加市立病院内分泌代謝内科、3:東京医科歯科大学医学部附属病院腎臓内科

術前血糖管理に血漿交換が有効であった抗インスリン抗体陽性2型糖尿病の一例