セッション情報

口演

第60回・2015年・横浜
口演
口演
自己血管 1
開催回
第60回・2015年・横浜

上腕尺側皮静脈または伴走静脈を転位表在化した内シャントの経験

演題番号 : O-0181

福田 和歌子:1、村上 礼一:2、福田 幾夫:1、三浦 さおり:2、村上 秀一:2

1:弘前大学医学部胸部心臓血管外科、2:(医)三良会村上新町病院

上腕尺側皮静脈または伴走静脈を転位表在化した内シャントの経験

肘窩部における表在静脈と深部静脈を用いた内シャントの比較検討

演題番号 : O-0182

佐藤 雄一:1、末木 志奈:2、松井 勝臣:2、櫻田 勉:2、柴垣 有吾:2、中澤 龍斗:1、佐々木 秀郎:1、力石 辰也:1

1:聖マリアンナ医科大学腎泌尿器外科、2: 聖マリアンナ医科大学腎臓高血圧内科

肘窩部における表在静脈と深部静脈を用いた内シャントの比較検討

橈骨動脈狭窄/断絶による尺骨動脈経由で血流供給された内シャントの検討

演題番号 : O-0183

吉澤 亮:1、前波 輝彦:1

1:(医)あさお会あさおクリニック

橈骨動脈狭窄/断絶による尺骨動脈経由で血流供給された内シャントの検討

演題取り下げ

演題番号 : O-0184

演題取り下げ

将来のハイフロー抑制や、表在静脈の温存には、AVF作成時、肘部貫通静脈の結紮が有用

演題番号 : O-0185

稲田 良郁:1、久米井 真衣:1、鈴鹿 佳南子:1、瓜生 康平:1

1:中間市立病院内科

将来のハイフロー抑制や、表在静脈の温存には、AVF作成時、肘部貫通静脈の結紮が有用

内シャント作製から初回穿刺までの期間は21日以上必要か?

演題番号 : O-0186

荒瀬 北斗:1、四枝 英樹:1、吉田 祐子:1、濱野 直人:1、中川 兼康:1、黒木 裕介:1、満生 浩司:1、平方 秀樹:1

1:日本赤十字社福岡赤十字病院腎臓内科

内シャント作製から初回穿刺までの期間は21日以上必要か?