セッション情報

企業共催シンポジウム

第60回・2015年・横浜
企業共催シンポジウム
企業共催シンポジウム1
「DOPPS Symposium in Japan」
[共催] 協和発酵キリン株式会社
開催回
第60回・2015年・横浜

The International Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study (DOPPS):Informing the Worldwide Nephrology Community on Hemodialysis Practices Associated with Best Patient Outcomes

演題番号 : KS-1-1

Bruce M. Robinson:1

1:Arbor Research Collaborative for Health

The International Dialysis Outcomes and Practice Patterns Study (DOPPS):Informing the Worldwide Nephrology Community on Hemodialysis Practices Associated with Best Patient Outcomes

血液透析患者における心房細動は死亡リスクを増大させるが脳血管障害リスクは上昇しない:JDOPPSデータを用いた解析

演題番号 : KS-1-2

長谷川 純平:1、若井 幸子:1、Maria Larkina:2、Bruce M. Robinson:2、秋葉 隆:3

1:(公財)東京都保健医療公社大久保病院腎臓内科、2:Arbor Research Collaborative for Health、3:東京女子医科大学腎臓病総合医療センター血液浄化療法科

血液透析患者における心房細動は死亡リスクを増大させるが脳血管障害リスクは上昇しない:JDOPPSデータを用いた解析

Update on Anemia Management: Japan and Worldwide DOPPS

演題番号 : KS-1-3

Bruce M. Robinson:1

1:Arbor Research Collaborative for Health

Update on Anemia Management: Japan and Worldwide DOPPS

透析患者における無症候性CRP値上昇とESA低反応性の発生

演題番号 : KS-1-4

耒海 美穂:1、福間 真悟:2、福原 俊一:2

1:京都大学大学院医学研究科医療疫学分野、2:京都大学大学院医学研究科医療疫学分野,福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター

透析患者における無症候性CRP値上昇とESA低反応性の発生

Trends and Outcomes in Mineral and Bone Disorder Management in Hemodialysis Patients: Results from the DOPPS

演題番号 : KS-1-5

Francesca Tentori:1

1:Arbor Research Collaborative for Health

Trends and Outcomes in Mineral and Bone Disorder Management in Hemodialysis Patients: Results from the DOPPS

DOPPS:日本の透析医療への貢献と今後の期待

演題番号 : KS-1-6

秋澤 忠男:1、福原 俊一:1、秋葉 隆:1、斎藤 明:1

1:Japan DOPPS Steering Committee

DOPPS:日本の透析医療への貢献と今後の期待