セッション情報

ワークショップ

第60回・2015年・横浜
ワークショップ
ワークショップ3
透析療法における医療情報の活用とその展望
開催回
第60回・2015年・横浜

日本透析医学会統計調査の歴史と今後の展望

演題番号 : WS-03-1

政金 生人:1、中井 滋:2

1:矢吹病院腎臓内科、2:藤田保健衛生大学病院血液浄化センター

日本透析医学会統計調査の歴史と今後の展望

透析装置における通信共通プロトコルの歴史的変遷

演題番号 : WS-03-2

青島 正浩:1

1:日本医療機器テクノロジー協会機器・メンテ部会

透析装置における通信共通プロトコルの歴史的変遷

透析医療現場における医療電子情報の活用の実態と展望

演題番号 : WS-03-3

小野 信行:1、東 治道:2

1:(社医)雪の聖母会聖マリア病院臨床工学室、2:(社医)雪の聖母会聖マリア病院腎臓内科

透析医療現場における医療電子情報の活用の実態と展望

医療情報活用の推進に関する取組みについて

演題番号 : WS-03-4

片岡 穣:1

1:厚生労働省医政局研究開発振興課医療技術情報推進室長

医療情報活用の推進に関する取組みについて

電子化の柔軟な活用に期待すること

演題番号 : WS-03-5

浅野 兵庫:1

1:NPO法人兵庫県腎友会

電子化の柔軟な活用に期待すること

1年累積死亡率の算出~生命予後改善のための目安として

演題番号 : WS-03-6

坂下 惠一郎:1

1:透析医療・技術研究所

1年累積死亡率の算出~生命予後改善のための目安として

透析情報の標準化と共有

演題番号 : WS-03-7

鈴木 卓:1、新村 正明:2、川崎 忠行:1

1:前田記念腎研究所茂原クリニック臨床工学部、2:信州大学大学院理工学系研究科

透析情報の標準化と共有

赤血球造血刺激因子製剤(ESA)投与支援システムの考案

演題番号 : WS-03-8

新里 高弘:1、柴田 和彦:2

1:大幸医工学研究所、2:横浜南クリニック

赤血球造血刺激因子製剤(ESA)投与支援システムの考案

高齢HD患者における総合的機能評価を用いた介護情報の一元管理とその有効性

演題番号 : WS-03-9

鈴木 志穂:1、吉澤 亮:2、大和田 滋:2、前波 輝彦:2

1:(医)あさお会あさおクリニック看護部、2:(医)あさお会あさおクリニック内科

高齢HD患者における総合的機能評価を用いた介護情報の一元管理とその有効性

個人向け健康医療福祉履歴管理(PHR:personal health record)システムを用いた災害時対策を含む透析患者情報管理

演題番号 : WS-03-10

西岡 敬祐:1、塚本 達雄:1、北岡 有喜:2、柳田 素子:1

1:京都大学医学部附属病院腎臓内科、2:独立行政法人国立病院機構 京都医療センター情報管理部

個人向け健康医療福祉履歴管理(PHR:personal health record)システムを用いた災害時対策を含む透析患者情報管理