セッション情報

ワークショップ

第59回・2014年・神戸
ワークショップ
ワークショップ13
セルフケアの効果的支援を考える
開催回
第59回・2014年・神戸

EASEプログラム(R)を用いた透析患者のセルフケア支援

演題番号 : WS-13-1

柿本 なおみ:1、福嶌 敦子:2、井本 千秋:3

1:生田病院、2:守山市民病院、3:近江八幡市立総合医療センター

EASEプログラム<SUP>(R)</SUP>を用いた透析患者のセルフケア支援

患者とともにつくりだすセルフケア

演題番号 : WS-13-2

小江 奈美子:1

1:(医)華林会 村上華林堂病院

患者とともにつくりだすセルフケア

実践に必要なセルフケア支援~スタッフ教育の取り組み~

演題番号 : WS-13-3

村瀬 智恵美:1、吉田 佳代:2、宮下 美子:1、岡山 ミサ子:1

1:新生会第一病院 在宅透析教育センター、2:金山クリニック

実践に必要なセルフケア支援~スタッフ教育の取り組み~

オレム理論からみるセルフケアの効果的支援のあり方

演題番号 : WS-13-4

黒田 久美子:1

1:千葉大学大学院 看護学研究科

オレム理論からみるセルフケアの効果的支援のあり方

高齢透析患者のセルフケアを高める支援と効果評価

演題番号 : WS-13-5

三村 洋美:1

1:昭和大学 保健医療学部 看護学科

高齢透析患者のセルフケアを高める支援と効果評価