セッション情報

ワークショップ

第59回・2014年・神戸
ワークショップ
ワークショップ12
透析領域のモニタリング技術を再考する
開催回
第59回・2014年・神戸

オーバービュー:透析領域のモリニタリング技術を再考する

演題番号 : WS-12-1

峰島 三千男:1

1:東京女子医科大学 臨床工学科

オーバービュー:透析領域のモリニタリング技術を再考する

透析中に中心静脈圧を非観血的に測定する方法とその臨床的有用性の検証

演題番号 : WS-12-2

新里 高弘:1、林 功:2、青木 猛:3、前田 憲志:1

1:大幸医工学研究所、2:おおしみず愛知クリニック 技術部、3:名古屋市工業研究所

透析中に中心静脈圧を非観血的に測定する方法とその臨床的有用性の検証

末梢循環モニタリングによるStability indexの臨床的意義

演題番号 : WS-12-3

庭山 淳:1

1:住吉クリニック病院 血液浄化療法部

末梢循環モニタリングによるStability indexの臨床的意義

BVモニタリングの種類と重要性

演題番号 : WS-12-4

小田 正美:1、平山 千佳:1、迎里 陶一郎:1

1:琉球大学医学部附属病院 ME機器センター

BVモニタリングの種類と重要性

バイオインピーダンス法(BIA)を用いた身体組成モニタリングの活用法

演題番号 : WS-12-5

長尾 尋智:1

1:メディカルサテライト岩倉 透析室

バイオインピーダンス法(BIA)を用いた身体組成モニタリングの活用法

バスキュラーアクセス管理に必要な超音波検査

演題番号 : WS-12-6

春口 洋昭:1

1:飯田橋春口クリニック

バスキュラーアクセス管理に必要な超音波検査

バスキュラーアクセスのモニタリングにおけるシャントトラブルスコアリングの有用性

演題番号 : WS-12-7

吉澤 亮:1、前波 輝彦:1

1:あさおクリニック 内科

バスキュラーアクセスのモニタリングにおけるシャントトラブルスコアリングの有用性

透析液排液中溶質濃度の連続モニタリング

演題番号 : WS-12-8

山本 健一郎:1、江口 圭:2、秋葉 隆:3、峰島 三千男:1

1:東京女子医科大学 臨床工学科、2:東京女子医科大学 臨床工学部、3:東京女子医科大学腎臓病総合医療センター 血液浄化療法科

透析液排液中溶質濃度の連続モニタリング

新手法による透析液中に存在する細菌の迅速高精度モニタリング

演題番号 : WS-12-9

楢村 友隆:1、井出 孝夫:2、竹澤 真吾:3

1:純真学園大学 保健医療学部医療工学科、2:(医)医伸会いでクリニック、3:九州保健福祉大学 保健科学部臨床工学科

新手法による透析液中に存在する細菌の迅速高精度モニタリング